大好きな恋人とは、誰もがずっと仲良しでいたいと思うもの。

そのためには、普段の言動から良好な関係を保つ心がけが必要なのだとか。

今回は、ずっと仲良しなカップルに共通する、長続きのコツを3つご紹介します。

長続きの秘訣!ずっと仲良しなカップルが心掛けている3つのこと

ルールを作りすぎない

ルールを作ることで判断に迷う機会が減り、その結果としてものごとが円滑に進むようになる場合はあります。

しかし、そのルールによって行動を縛りすぎると、次第に息苦しさを感じるのも当たり前のこと。

「この前○○って言ったじゃん」「□□やるって決まりだったよね?」なんてやり取りでは、誰も幸せになりません。

仲良しカップルは、ルールは作るけれどお互いを制限しすぎず、「できる方がやる」スタンスを大事にしているよう。

あえて余白を作ることで、ストレスを感じる可能性を減らせているのでしょう。

過剰な期待をしない

交際中、うまくいかないことや失敗は当然起こります。

ミスは誰にでもあるからこそ、長続きするカップルはお互いが「持ちつ持たれつ」の関係であることを意識しているみたい。

その場その場で相手をフォローし、許し合えるような関係を築くことが重要です。

そのためには、相手に過剰な期待をせず、ある程度は自立した考えを保つことが欠かせないのかもしれませんね。

欠かさず感謝を伝える

一緒に過ごす時間が長くなると、恋人の存在や相手がやってくれることが「当たり前」に思いがち。

付き合いたての頃は、毎回「ありがとう」「助かる」と言っていたのに、次第に忘れてしまうことも多いと思います。

この気持ちを忘れないことこそ、仲良しカップルの秘訣。

普段から意識的に感謝を伝えることで、お互いにいい気持で過ごせるようになります。

また、自分がお礼を言っているという事実が、彼の存在や気遣いが特別なものだと感じさせてくれるはずです。

思いやりを忘れずに

良好な関係を長続きさせる最大のポイントは、相手を思いやる気持ちを忘れないこと。

ずっと一緒にいると薄れてくるからこそ、初心を思い出して彼への思いを再確認することが重要なのです。

お互いを思いやれる素敵なカップルを目指して、日々の言動から見直してきましょう。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)