気になる男性と両思いでも、それが表に出てこなければ気付けないもの。

愛情を表現する方法は人それぞれで、予め知っていなければ分からないくらい難解な人もいるでしょう。

そこで今回は、男性が本命の女性だけに見せる最上級の愛情表現を、彼の干支別に占いました。

前編に引き続き、今回は午(うま)年~亥(いのしし)年をご紹介します。

男性の干支別♡本命の女性だけにする最上級の愛情表現って?

午(うま)年生まれ

【ハグ】

午(うま)年生まれの男性は、もともと愛情表現が多いタイプで、本命の女性には周りにもバレバレなくらい甘い態度になりそう。

その中でも、最上級はハグ。

自分でも気持ちを抑えきれなくなり、つい抱きしめてしまうのでしょう。

未(ひつじ)年生まれ

【収入レベルを伝える】

繊細で気が小さく、期待外れと思われることをとくに恐れるところがある、未(ひつじ)年生まれの男性。

自分を大きく見せようと見栄を張ることはできず、収入に関して真っ先に打ち明けるみたい。

本命の女性以外には、お金を話をすること自体なく、正直に伝えるのが彼なりの愛情表現と言えます。

申(さる)年生まれ

【自分の誕生日に会いたがる】

申(さる)年生まれの男性は、自分の方が愛情が強いことや、カッコ悪い部分を隠そうとする傾向が強いです。

しかし、本命の女性だけには自分の記念日を祝ってほしくなり、その気持ちを抑えられなさそう。

自分の誕生日に会いたいと伝えることこそ、彼の最大級のアピールであるはず。

酉(とり)年生まれ

【完璧さを見せる】

完ぺき主義で、自分の非の打ちどころのなさを愛情表現として見せたがりがちな、酉(とり)年生まれの男性。

それが最も発揮されるのは、本命女性の誕生日。

綿密な計画を立て、豪華なプレゼントを用意し、相手を喜ばせることに全力を注ぐ可能性が高いです。

戌(いぬ)年生まれ

【結婚の意志を質問】

戌(いぬ)年生まれの男性は、常識的な発想を好み、将来を真面目に考える堅実な一面があります。

本命の女性とは、結婚するビジョンまで出来上がっており、相手の意思を確認したくなるのだとか。

「僕との結婚って考えてみたことある?」と聞くのが、彼の愛情が最高潮に達したサインかも。

亥(いのしし)年生まれ

【ちょっと困らせる】

亥(いのしし)年生まれの男性は、素直で大胆な性格をしており、子どものようにふるまうところがあります。

そして、本命の女性に対しては、いたずら心が起きやすいタイプのよう。

エレベーターの中でこっそり抱きしめるなど、愛情があふれて困らせたくなってしまうのでしょう。

愛情表現の方法は人それぞれ

愛情表現の仕方は人それぞれで、そのために好きな人の気持ちが分かりにくくなっているケースもあります。

ときには実際の行動に頼らず、勇気を出して直接聞いてみるのも大切なことです。

そのとき出来る形でお互いの気持ちをはっきりさせ、よりよい関係を築いてくださいね。

(星谷礼香/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の干支別♡本命の女性だけにする最上級の愛情表現って?