何回か2人で出かけているし雰囲気もいい感じだけど、付き合ってはいない。

そんな友達以上恋人未満の男性、あなたにもいませんか?

もし、あなたが彼と付き合いたいと思っているのなら、まずは相手の気持ちを知るところから。

そこで今回は、「友達以上恋人未満の彼に告白してもらうコツ」をご紹介します。

最後の一押し!「友達以上恋人未満の彼」に告白してもらうコツ3選

告白への憧れを話す

男性のなかには、自分から告白する気のない人や恥ずかしくてできないという人がいます。

彼もそのタイプなら、いくら待っても思いを伝えてくれることはないでしょう。

そんなときは、「告白されるのに憧れている」という気持ちをアピールしてみるいいかもしれません。

一緒に映画を観たあとや恋愛の話になったときに、「あんな告白されてみたいな」と話してみてください。

彼が、「俺が告白してあげなきゃ」と思ってくれる場合があります。

好意を匂わす

もしかしたら彼は、告白をして断られるのを恐れているのかもしれません。

完全に両思いだと分かるまでは、自分から告白してくれないかも。

そんなときは、彼が自信をもって告白できるようにサポートしてあげましょう。

「一緒にいると楽しい」と伝えたり、「〇〇くんがいてよかった」と言ってみたり。

なるべく分かりやすく好意を伝えてみてくださいね。

特別扱いする

あなたに友達が多い場合、彼が「自分はただの男友達の1人」だと思い込んでいる可能性があります。

その場合、きちんとあなたにとって彼が特別な存在であるということを伝えなければなりません。

オススメは、人に言いづらいような話をしてみること。

失恋の話やコンプレックスの話など、信頼している人にしかできない話をしてみてください。

そうすることで、彼もあなたのことを特別な人だと認識するようになるかもしれません。

友達を卒業しよう!

楽しい時間ばかり共有していては、なかなか友達は卒業できません。

たまには真剣な雰囲気を演出して、ただの友達ではないことを彼にアピールしてみてください。

あまりにも彼が奥手なようなら、自分から告白してみるのもいいかもしれませんね。

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)