気になる彼と付き合って、いつかは結婚まで……そう考えたとき、彼が結婚に向いているか気になる女性は多いでしょう。

2人の将来を左右する可能性もあるポイントは、早めに把握しておくことで幸せをつかみやすくなるはずです。

そこで今回は、気になる彼が結婚と恋愛のどちらに向いているか、星座別に占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

男性の星座別!彼が向いているのは「結婚」か「恋愛」か?【後編】

てんびん座(9/23~10/23)

【女性を口説くのが好き】

てんびん座の男性は、気になる女性を口説き落とすことに喜びを見出す、恋愛向きのタイプ。

オシャレなお店選びが得意で、一度付き合ったら離れられなくなるようです。

ただ、プライベートでは意外とマイペースで、初めて見るぐうたらな部分に驚くかも。

とはいえ、いつまでもオシャレで若々しいため、周りからうらやましがられる自慢の夫となるはずです。

さそり座(10/24~11/21)

【愛情深くて一途】

好きな女性を一途に愛する傾向が強いさそり座の男性は、恋愛向きでも結婚向きでもあると言えます。

結婚したからといって愛情が薄れることはなく、妻としては「もう少しサッパリしてもいいのに」と思いそう。

愛されつづけたい女性にとっては、いつまでも情熱的な思いを傾けてくれるさそり座の男性は最高のパートナーでしょう。

彼女としてはもちろん、妻としてもずっとラブラブ気分を味わえます。

いて座(11/22~12/21)

【歳を取ると安定】

いて座の男性は、その自由奔放さから恋愛向きに思われそうですが、結婚して案外ハマる一面があります。

若い頃に結婚すると、浮気や転職などの不安要素が目につきやすいけれど、落ち着きが出てくる30代に結婚すれば、安定した家庭を築けるみたい。

刺激的な付き合いができる彼氏と、頼りがいのある夫という二つの面を発揮してくれるはず。

彼との結婚を望むなら、年齢や落ち着きの度合いを見極めることがカギになります。

やぎ座(12/22~1/19)

【現実的で頼りになる】

やぎ座の男性は、結婚にピッタリの現実的な思考を好み、内面を重視して彼女を選ぶところがあります。

交際を決めた時点で、「結婚してもいい」という気持ちがどこかにあるはず。

堅実に努力を積み重ね、意外と野心家な部分もあるので、仕事面でも将来有望と言えます。

ただ、真面目で奥手な分、彼氏としてはロマンティックさに欠けることもあるよう。

みずがめ座(1/20~2/18)

【かなりの自由人】

みずがめ座の男性は、個性的で自由人な、恋愛向きのタイプです。

付き合っていても、仕事や趣味が忙しいと連絡が途切れがちに。

彼の気まぐれさを魅力と思えるなら、適度な距離を保って楽しく付き合える可能性が高いです。

ただ、結婚して安定した夫婦関係を築くのは苦手そうなので、あえて野放しにできる女性だけが妻になれるのかも。

うお座(2/19~3/20)

【愛し合うことが好き】

愛情豊かで、スキンシップが多い傾向にある、うお座の男性。

彼氏の頃からドキドキ感のある付き合いができ、それは結婚後も続きそう。

夫婦になって変わらず愛情を伝えてくれるので、いつまでも女性としての自信を持てるでしょう。

愛情表現が素直なうえに、愛し合うことを理想とする、どちらかといえば結婚向きな性格です。

恋愛の傾向を把握して

気になる男性の恋愛傾向を知れば、これからの付き合い方の方針も見えてきます。

仮に彼が恋愛向きでも、その特徴を押さえて歩み寄れば、幸せな結婚を実現できるはず。

2人で幸せな未来をつかむために、性格を見極めることが大切です。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)