気になる男性との仲を思ったように深められないと、不安な気持ちになる人は多いでしょう。

脈なしだと知ったとき、それでも諦めずにアタックするのか、それとも時間を置いて様子を見るのか、人によって気持ちが楽になる方法は違うと思います。

そこで今回は、片思いの相手が脈なしだと感じたときの対処法を3つご紹介します。

叶わない恋の乗り越え方!片思いの男性が脈なしだと感じたときの3つの対処法

事実だけを受け止める

実を結びそうにない片思いへの対処法のひとつは、状況を客観的に捉え、事実として受け入れること。

このとき、「私のスタイルが悪いから」「彼の元カノはかわいいけど、私は違う」など、自分が選ばれなかった理由を考える必要はありません。

それは彼の判断に対する推測であって、「いまのところ、彼は私のことは好きではないんだ」という事実には含まれないもの。

今回はたまたま彼の趣向が違っただけのことなので、深く考え込まず、自分自身を癒やしてあげましょう。

彼のことを忘れるかどうかも気にせず、まずは目の前の「やるべきこと」を一つずつこなすことが大切です。

諦められないなら諦めない

脈なしだと分かっていても、その恋を諦めきれない人ももちろんいると思います。

その場合は、ダメもとでアプローチするのではなく、少しだけ時間を空けてみて。

次に会うまでの間に、いまよりもっと素敵な女性になって、彼を驚かせることを目標にしましょう。

彼と連絡を取るときも、意識的にあっさりと「もうあなたに気はないから」という感じを装うのがポイントです。

「やっぱりあなたが好き」と連呼するのは避けて、アプローチのチャンスをじっくり探ってください。

彼のことを考えない時間を作る

叶わない恋に思いをはせる時間が長ければ、当然いつまでも彼のことを忘れられないはず。

沈んだ気持ちを薄めるためには、彼のことを意識的に考えない時間を作ることが大切です。

そのためには、美味しいものを食べたり、友達との交流を増やしたりと、恋愛以外の好きなことに目を向けてみて。

彼のことを考えない時間が少しずつ増えていけば、次第に前向きな気分になってきますよ。

自分の心を大事にして

他人の心を変えようとするのは、自分の心の持ちようを変えるより、はるかに難しいこと。

そこに力を注いでいると、自分自身が消耗することは避けられないでしょう。

楽しい恋を実現するためには、自分の気持ちを癒やすことも忘れないでくださいね。

(なつくま/ライター)

(愛カツ編集部)