仕事に責任や誇りを持って臨んでいる男性は少なくありません。

だからこそ、職場でのプレッシャーや人間関係、行き詰まりについて悩むこともあるはず。

このとき、彼の心の支えとなれるなら、溺愛されること間違いなし。

そこで今回は、仕事熱心な男性の心をつかむポイントを3つご紹介します。

最高の彼女になれる!仕事熱心な男性の心をつかむ3つの愛されポイント

欠点の指摘は避ける

男性が仕事への愚痴や悩みを打ち明けたとき、アドバイスとして相手の欠点を指摘する女性もいると思います。

本人は相手を思いやったつもりでも、彼にとっては痛いところを突かれてショック……なんて展開は珍しくありません。

すでに自覚していたポイントのために「言われなくても分かってる」と思われることもあれば、「話を聞いてほしかっただけなのに……」といった気持ちにさせることも。

彼のタイプにもよりますが、助言することにはこだわらず、じっくり話を聞いてあげた方が確実に癒やせるかもしれませんね。

意見を求められたら率直に答えるなどのメリハリをつければ、より頼れる存在として意識されるはずですよ。

一般論での助言はしない

彼が「上司と話が噛み合わない」と言うのに対して、「ホウ・レン・ソウしっかりやればいい」など、一般論で助言する人もいるでしょう。

しかし、一般論を踏まえたうえでうまくいかないと悩んでいる場合も少なくないみたい。

「そんなこと分かってる」と言いたくなるような助言ばかりの相手には、次第に「相談しなきゃよかった」と思うようになる可能性が高いです。

悩み事を話すというデリケートな行為の相手に選ばれている以上、対応の仕方は丁寧に探っていく意識が大切だと言えます。

人間関係を押さえておく

気になる男性が仕事について話してきたら、まずはじっくりと聞くことが基本です。

その際、重要なのは人間関係を組み立てながら聞いていくこと。

彼の話の中には、当然自分が知らない人物も登場するはず。

一度関係性や立場を話したのに、途中で何度も「それ誰だっけ」と聞かれたら、男性が「こいつ話聞いてないな」とガッカリしても仕方ありません。

逆にきちんと人間関係を追えていると、話の腰を折ることがなく、彼に向き合っている印象が強まります。

信頼を得ることで、さらに打ち明けてくれる範囲が広がれば、いっそう心の距離を縮められるでしょう。

彼の悩みに合った対応を

仕事熱心な男性との仲が深まれば、それ相応の不安や悩みを抱えていることが分かると思います。

それらを信頼できる相手として打ち明けられたら、まずはじっくり話を聞いて、彼のタイプを見極めることから始めてみてください。

多少時間がかかっても、彼にピッタリの対応ができるなら、より大事にされるはずですよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)