好きな人と2人きりの時間を満喫できるお家デートですが、スキンシップのバリエーションに悩む女性は少なくないと思います。

恋人とお互いの愛情を確認する機会を活かすには、ふれあい方を工夫することも重要です。

そこで今回は、彼氏との仲が深まるスキンシップの方法を3つご紹介します。

お家デートでおすすめ!彼氏との愛情が深まるスキンシップの3つの方法

膝枕・耳かき

体の距離がグッと縮まり、相手の無防備な姿をさらす膝枕は、心を許した相手だからこそのスキンシップのひとつです。

お家デートなど、2人きりでリラックスできるシチュエーションにはピッタリでしょう。

まずは彼に「膝使う?」「おいで?」と優しく声をかけ、慣れてきたら耳かきを提案するのもおすすめ。

といっても、毎回耳かきをするわけでもないですし、膝枕の状態でなにをすればいいか分からなくなることもあると思います。

そんなときは、彼の頭を優しくなでたり、テレビをつけたままゆっくり雑談したりすると、心の距離がじんわり縮まっていくかも。

くすぐり合い

構ってほしがる子どものように、つついたりくすぐったり……そんな無邪気なスキンシップに、キュンとする男性も多いようです。

くすぐりなどのかわいい甘え方は、日常のなにげない場面でも使いやすく、ロマンティックなムードがない状態でもスキンシップの機会を増やせそう。

「いまは甘えてもいいのかな?」「そっとしたほうがいいかな?」と判断がつきにくいとき、その場の流れを変えるのに便利なもの。

ただし、彼の邪魔だけはしないように、タイミングには注意が必要です。

一緒にお風呂に入る

お湯を張った湯船に2人で浸かっていれば、自然とリラックスした雰囲気が満ちて仲が深まるはず。

ただし、毎回同じようにお風呂に入って終わりではマンネリ化しやすいので、ちょっとした工夫が大切です。

入浴剤や泡風呂で気分を変えてみるのがおすすめ。

また、彼とお風呂に入る前に、ムダ毛の処理は済ませておきましょう。

デートの前日に整えておくと、慌てる心配がないので心からお家デートを楽しめますよ。

お互いの愛情が深まる時間に

屋外でのデートに比べて、自分なりの工夫で変化をつけることが重要になるのが、お家デートの特徴と言えます。

恋愛において、同じような状態が続けばマンネリ化してくるからこそ、甘え方の工夫を知るほど、彼の心をつかみつづけられるのです。

また、自分と過ごす時間を楽しいものにしようと工夫する彼女の姿は、男性が抱く愛情を深めてくれます。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)