好きな人との今後を想像して、「この人と結婚したら、上手くやっていけるだろうか」と考える女性は少なくないと思います。

じつは、男性が結婚に向いているか判断できるポイントがあるのです。

そこで今回は、結婚に向かない男性に見られる特徴を5つご紹介します。

焦らず見極めて!結婚に向いていない男性に共通する5つのポイント

相手の都合を無視してLINE

自分なりのペースを持っていること自体は、決して悪いことではありません。

しかし、その優先度が高く、マイペースすぎる人は、結婚相手を振り回す可能性があります。

LINE一つとっても、自分の仕事の終わり次第で返信のタイミングが変わり、夜中や明け方でも送ってくるなら要注意。

相手の都合より自分の生活リズムを優先する男性は、一緒に暮らすことには向いていないのかもしれません。

話し合おうとしない

結婚生活で起きた問題について、真剣に話し合おうとしない相手とは、幸せな生活を築けなさそうですよね。

2人にとって大事な連絡をLINEで済まそうとする男性は、結婚後も話し合いを避ける傾向にあります。

お互いに忙しくても、重要なことほど向き合う姿勢がなければ、コミュニケーション不足からすれ違いが起きる原因になるでしょう。

不機嫌になると心を閉ざしがち

感情の起伏が激しく、険悪な雰囲気にあるとすぐに心を閉ざす人も一定数います。

人の性格はそう簡単に変わるものではなく、このような男性は結婚後も、揉め事が起こると勝手に距離を置こうとするかも。

相手がどう思うかに注目せず、自分の不快感優先で行動する男性とは、関係を見直すことをおすすめします。

柔軟に変化することが苦手

柔軟な思考ができ、状況の変化に臨機応変な対応ができる男性は、結婚に向いていると言えます。

結婚生活においては、予想外のことが起こって当然であり、頑固すぎたり、現状にこだわりすぎたりするのは考えもの。

交際相手としてはよくても、結婚相手としてはトラブルの種を生みやすい存在と言えるかもしれません。

自分の都合で連絡を断つ

自分の仕事が忙しくなったり、疲れていたりすると、途端に音信不通になる男性もいると思います。

とくに、デートの予定などを決めているときでも、そんなモードに入る人には要注意。

自分のことで頭がいっぱいになりやすいタイプの場合、先々を見通して行動することを苦手としている可能性があります。

無用なストレスを避けるためにも、予定くらいはスムーズに決められる人の方が結婚相手に向いていると言えるはずです。

焦らず本質を見極めて

幸せな結婚生活を実現するには、お互いに歩み寄ることが大切です。

しかし、その前の相手選びの段階も、決して安易に判断していいものではありません。

気になる男性の本質を確かめて、幸せをつかみ取りましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)