好きな人とデートできるのは素敵なことですが、次の誘いがないと残念な気持ちになりますよね。

せっかく2人きりで過ごせる時間があるなら、次の機会につなげたいもの。

そこで今回は、初デートから2回目につなげるポイントを4つご紹介します。

また会いたい!チャンスをつなげる初デートの4つのポイント

聞き手に回る

「この前デートした女性が聞き上手で、気づいたらたくさん話してしまいました。
楽しかったのですぐ次のデートに誘ってしまいましたね」(29歳男性/自営業)

自分のことを知ってもらうことは確かに大切ですが、見せすぎると男性が興味を失う原因にもなりがち。

「もっと知りたい」と思ってもらうには、ほどほどに聞き手に回ることも大切なポイントです。

まずは彼の「話したい欲」を満たすことを重視しつつ、彼の関心が向く話題を選んで自分のことを話してみましょう。

相手の話に興味を示す

「楽しそうに話を聞いてくれる女性だと安心します。
一方的に話してくれるのも悪くはないけど、打ち解けた気はしないかな」(28歳男性/医療)

デート中、相手の男性の話をさえぎったり、強引に話題を変えたりするのは控えた方がいいかも。

一度聞き手に回ったら、彼が満足するまでじっくりリアクションを返してください。

このとき、彼の話に興味を示すことで、心置きなく話してもらえるはずです。

共通の趣味を見つける

「お互いにラーメンが好きってわかって、気づいたらラーメン屋巡りをする約束をしていました。
やっぱり好みが合うっていいですね」(31歳男性/経理)

初対面の相手と共通点が見つかると、「もっと話していたい」と感じるもの。

適度に質問や雑談を重ねながら、自分が興味のある話題が出たところで「私も◯◯なんです」と伝えることをおすすめします。

お互いに興味ある話題が見つかった2人の恋は、成就する可能性がグンと高まるものです。

ポジティブな気持ちを素直に伝える

「会うたびに喜んでくれて、デート帰りには寂しがるから、すぐに両思いだってわかりました。
愛されている感じがしてうれしいです」(31歳男性/販売)

女性が楽しんでいると確信できると、男性も次のデートに誘いやすくなります。

その場で「会えてうれしい」「楽しかった」と伝えるのはもちろん、解散後にLINEで具体的な内容を送るのも効果的。

デート中の反応がいいと、男性は「告白しよう」と決断しやすくもなるでしょう。

まずは「また話したい」を目標に

チャンスをつなげる初デートのポイントは、見つけた共通点を軸に話題を広げていくことです。

2人とも興味を持てる範囲の話題なら、適度に聞き手と話し手を入れ替えながら会話を盛り上げられるはず。

ある程度仲が深まったら、適度に好意を匂わせるステップに移るなど、段階を踏んで彼の心を惹きつけてくださいね。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)