好きな人が自分のことをどう思っているかは、誰もが気になるところでしょう。

自分ではいい雰囲気だと感じていても、相手も同じ気持ちとは限りません。

そこで今回は、男性が興味のない女性しか言わないセリフを4つご紹介します。

脈なしサインの可能性大…男性が興味のない女性にしか言わない4つのセリフ

「女友達多いからさ」

本命の女性に対して、他の異性の存在を匂わせようとする人はまずいないでしょう。

相手の嫉妬心やヤキモチを刺激する狙いがあるならまだしも、これから親しくなりたい相手に自分から関係の広さをアピールすることはないはず。

わざわざ「女友達が多い」と伝えるのは、「君もその他大勢のうちの1人だよ」というメッセージが込められているのかも。

くれぐれも好意を利用されないように気をつけてくださいね。

「今度」「みんなで」「落ち着いたら」

「今度行こう」「みんなで行こう」「いま忙しいから、落ち着いたら」といったセリフは、デートの誘いを断る文言としては定番です。

恋愛対象として意識している女性に誘われたなら、なんとか予定を空けようとする男性が多いでしょう。

また、本当に行けないとしても断り方に配慮したり、埋め合わせを提案したりする可能性は高いです。

彼が予定を濁すのは「興味がないから」であり、ここでの強引な押しは嫌がられる恐れがあるので、一旦様子見をおすすめします。

「遊んでそうだよね」

仮に見た目や言動から華やかな印象や、男友達が多そうなイメージを抱いても、本命にはまず言わないワードですよね。

「僕はあなたを軽い女だと思ってます」と伝えて、良好な関係が築けるわけがないことは彼らも当然理解しています。

遊び人前提で話を進められるなら、脈なしだと判断して早めに距離を置いた方がいいかも。

「モテそうだよね」

一見ほめ言葉に思え、自分以外の異性の存在を探るかのような、脈ありっぽいこのセリフ。

しかし、これはあくまで社交辞令の可能性が高いのだとか。

確かに「モテそう」って、具体的な要素を外してほめるにはちょうどいい表現なのかもしれません。

本命の女性にはきちんと「かわいい」と伝える男性は多く、逆に好意をアピールするのが苦手だと、恥ずかしさと緊張でなにも言えなくなる人が多いようです。

適当な対応には目を光らせて

恋愛対象外の女性に対して、いい加減な対応をする男性は少なくありません。

目の前のあなたに誠実に向き合おうとしない男性とは、付き合っても幸せにはなれないかも。

気になる彼にこのような言動が見られるなら、早めに距離を置くことをおすすめします。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)