気になる男性にLINEを既読スルーされたら、「変なこと言っちゃったかな」「もしかして嫌われたかも……」と不安になる人は多いでしょう。

でもじつは、返信がなかったからといって、即脈なしとはならないケースもあるようなのです。

そこで今回は、男性が既読スルーするときの男性の心理を3つご紹介します。

「返信なし=脈なし」とは限らない?LINEを既読スルーする男性が考えている3つのこと

リアクションに困っている

女性から送られてきたメッセージの内容次第では、返答に困って即レスできないことも多いみたい。

とくに男性は、自分が詳しくない分野の話をされたり、日記のような報告メッセージを送られたりすると、共感しにくくてリアクションに困るようです。

親しい間柄でなければ、返しにくいLINEが続くことで、マイナスな印象を持たれる可能性もあります。

また、かわいく撮れた自撮り写真を見てもらいたい気持ちも理解できますが、交際に至るまでは送らない方が無難でしょう。

気になる彼とのLINEを活発にするためにも、まずはお互いの共通点を利用して、興味を持たれやすいメッセージを意識してくださいね。

すぐに返信するのが面倒

既読スルーが続いて一方的にメッセージを送るだけの状態の場合、彼の中では恋愛感情が育ち切っていないのかも。

それなら、彼からはっきり断られるのを待たず、他の男性に目を向けてみることを一つの手です。

また、返信は来るけれど、一日以上置いてから素っ気ない内容だけ……なんてケースもあまり期待はできなさそう。

とくに気になる男性との関係が仕事がらみなら、社交辞令と受け取って深入りしないことをおすすめします。

返信する余裕がなかった

既読スルーをした後に「忙しくて返信できなかった」と言う男性っていますよね。

「忙しい」は言われた側が踏み込みにくく、また当たり障りなく返信できる定番のフレーズのため、素直に受け入れられない人もいるでしょう。

けれど、相手が社会人なら、会議や取引先への訪問、顧客対応など、LINEを確認しても返信する余裕がないタイミングもあります。

彼がなぜ忙しかったのか、なにをしていたのかなどをしっかり説明してくれるなら、「忙しかった」を疑う必要はないと言えるはず。

遅れても返信をくれる以上、少なからずあなたに興味があるのは事実ですよ。

不安のコントロールも大事

気になる男性からLINEが返ってこないとき、不安になる気持ちは分かります。

しかしそのとき、男性もいろいろな思いを抱えている可能性は低くありません。

不満をぶつけるより、仕事や体調のことを気にかけて寄り添い、お互いが楽しくLINEすることを目指しましょう。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)