彼氏との交際が長くなると、結婚を見据えて同棲したいと考える女性は少なくないと思います。

男性側が同じように考えているとは限らないけれど、できることなら一緒に気分を高めていきたいですよね。

そこで今回は、お家デートで男性が同棲を意識した行動を3つご紹介します。

結婚を考えるきっかけにも!お家デートで彼氏が同棲を意識した3つの行動

甘えさせてくれた

「仕事から疲れて帰ってきたときは、たまにでもいいから甘えさせてほしいです。
気を張らなきゃいけない相手だと、家でも気が休まらない感じがしてちょっと……」(30歳男性/警備)

普段仕事に力を入れている男性にも、素の自分を出してリラックスできる場所は必要ですよね。

それを提供でき、かつ彼を甘えさせてあげられる存在と認められれば、同棲どころか結婚まで意識してもらえる可能性もあります。

いつもは自分が甘える立場でもいいけれど、たまには疲れている彼に寄り添ってあげましょう。

2人でゴロゴロしている

「家にいるときは、せっかくのデートだからって特別なことをするより、ダラダラさせてほしいかな。
なんなら一緒にゴロゴロしたいですね~」(26歳男性/販売)

大好きな人と一緒に過ごせる時間に、意味のあることをしたいと考える女性は多いと思います。

しかし男性の中には、2人きりでいられるからこそ、彼女の一緒に待ったりしたいと考える人も。

同棲後も休日にダラダラすることを受け入れ、一緒にリラックスできる姿を想像させれば、彼の気持ちも盛り上がるかもしれません。

おいしい食事を作ってくれた

「彼女が家に遊びに来たとき、買い物とか行かずに、冷蔵庫のなかにあるものでパパっと料理をしてくれて、それが予想以上においしかったんですよね。
普段ちゃんと自炊しないのもあるけど、『こんなに料理がうまいなら、一緒に住みたいなあ』って思いました」(25歳男性/美容師)

彼氏に結婚を意識してほしいなら、彼の胃袋をつかむのが大事というのは、よく言われていることですよね。

手際よくおいしい料理を作れる女性に対して、それだけで同棲したいと思う男性も少なくありません。

そして、同棲を実現できたら「ご飯は作るから、後片付けはやってね!」など、家事の分担を提案しておくことをおすすめします。

気楽に過ごせることが大事

男性が同棲したいと思うのは、一緒に過ごしていて気楽だと感じた瞬間のようです。

特別なアピールよりも、2人きりでいたら当然起こる出来事への対応や、彼にさりげなく寄り添うことがポイントと言えるでしょう。

同棲から結婚まで意識してもらえるように、お家デートの充実度を高めてみてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)