諦めるしかない恋は、誰にとってもつらいものです。

とくに好きな人が既婚者だった場合は、無理に関係を進めてしまうと不倫と呼ばれる事態に発展します。

しかし、相手が既婚者でも恋を諦める気持ちは、失恋と変わりません。

今回は、好きな人が既婚者だったとの心の癒やし方についてご紹介します。

既婚者を好きになってしまった…「不倫一歩手前の失恋」から立ち直る方法

気持ちの整理期間は3ヶ月

失恋から立ち直れないときの心は、相手が独身でも既婚者でも同じ。

しかし、ずるずると引きずりすぎないようにするためにも、気持ちを整理する期間を決めましょう。

3ヶ月を目安に、恋愛から離れて過ごしてみましょう。

無理して忘れようとすると、自暴自棄になることもあります。

焦らずゆっくり過ごすことで、いつの間にか次の恋が始まっているかもしれませんよ。

交友関係を広げよう

交友関係が狭いと、なかなか新しい出会いを得られません。

そのため失恋したときほど、積極的に交友関係を広げようとするのがいいでしょう。

前向きに行動するのが幸せへの近道ですよ。

自信を持とう

自信を持とう

自分の心が傷ついているときこそ、自分自身を大切にしてください。

そして、自分を好きになることを意識しましょう。

傷つきデリケートになっている時期は、なにごともマイナスに捉えがちです。

思いっきり自分磨きを楽しんだり、趣味に没頭したりして楽しい時間を過ごしましょう。

日々に満足感を得られるようになると、自然と自分を好きになれるはずですよ。

無理して忘れようとしなくてOK

時間をかけてゆっくり少しずつ自分と向き合えば、自然と忘れられる日がくるでしょう。

自分を大切にすることを意識してみてくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)