大事な連絡から何気ないやり取りまで、日々のやり取りに欠かせないLINE。

気になっている男性とのLINEを楽しんでいる女性も多いでしょう。

しかし、悪気のない内容が彼をイラっとさせたり、冷めさせたりすることもあるようです。

実際に男性たちに、「女性から送られてきて気持ちが冷めたLINE」について聞いてみました。

好きだったのに…男性に聞いた「気持ちが冷めた女性からのLINE」3選

スタンプを連投

「スタンプだけで返信されると、話すことないのかなって感じて一気に冷めます。
それに適当に返事してる感じがして、ショック……」(28歳男性/公務員)

気軽に送れるため、どんどん送りたくなることもありますよね。

だからと言ってスタンプばかりで返信していると、適当にあしらわれているという印象を与えかねません。

できれば、丁寧にテキストメインの返信をしましょう。

スタンプを使うときは、1日の終わりや会話に添える程度にするのがオススメです。

ひたすらハート

「やたらハート絵文字が多い子に冷めたことあります。
誰にでも送ってそうだし、あざといオーラをかなり感じます」(30歳男性/金融)

かわいらしいハートの絵文字ですが、多用するのはNGという男性意見もありました。

チャラい印象を与えるだけでなく、文章が読みにくく感じるようです。

ハート絵文字を使うときは、ここぞという時だけにするのがベターですね。

お願い事ばかり

「とある子からLINEが来る時って、絶対『迎えに来て』とか『ジュース買ってきて』とか、なんかしらお願い事なんだよね。
頼りにしてくれるのは嬉しいけど、それが続くと、便利に使われてるようで嫌でしたね」(27歳男性/IT系)

いつもお願い事ばかりしていると「こき使われている」と感じる男性もいるでしょう。

ちょっとしたお願い事でも、チリが積もれば山となるので要注意!

お願い事ばかりではなく、雑談や普段のお礼なども合わせて送りましょう。

親しき中にも礼儀あり

LINEを上手に使えば、一気に距離を縮めることもできます。

男性目線でアウトなLINEを避けて、恋を一歩前へ進めていきましょう。

(愛カツ編集部)