好きな男性と恋人になることはできるのに、いつも長続きしない……そんな悩みを抱える女性もいると思います。

もしかすると、距離が近くなるからこそ、男性が違和感を覚えるポイントが出てくるのかも。

そこで今回は、男性がずっと一緒にいたいと思う「居心地のいい」女性の特徴を4つご紹介します。

長続きする恋の秘訣!男性がずっと一緒にいたくなる女性の4つのポイント

話の聞き手になる

「女性って、自分の話をしたがる人が多いと思うんですけど、逆に話を聞いてくれると一緒にいて楽だなって思いますね」(27歳男性/公務員)

仕事や人間関係の愚痴を、彼氏に聞いてほしいと思う女性は多いでしょう。

しかし、ネガティブな話ばかり聞かされる側は、次第に暗い気持ちになってくるかも。

逆に自分の趣味の話などを聞いてもらえると、男性は居心地のよさを感じるようです。

感情表現が豊かで素直

「居心地がいい女性って、一緒にいて楽しいとか癒やされるっていうことだと思うんですよ。
『これおいしい!』とか『これ初めて見た!』とか、感情表現が豊かな人っていうのは癒されますね」(25歳男性/アパレル)

表情豊かで自然と大きなリアクションをする女性には、一緒にいて楽しいと感じる男性が多いみたい。

変に飾って気持ちを抑えるより、親しみを感じやすいのだとか。

素直すぎるのも考えものですが、彼がしてくれたうれしいことには、大げさにリアクションしてみるのもアリ。

デートのために無理をさせない

「休日のデートに毎回遠出を要求されると、面倒だなって思っちゃいますよね。
たまにだったらいいんですけど、ドライブで海に行った翌週に今度は『山にトレッキングに行こうよ』とかね……。
仕事で疲れてたら家でゴロゴロしたいときもあるじゃないですか。
そういうことを分かってくれる女性はありがたいですね」(27歳男性/事務)

せっかく彼と一緒にいられるのだからと、特別なことをしたくなる気持ちは理解できます。

しかし、そのために毎回のデートで遠出を求められては、男性が疲れてしまうのは当たり前。

デートの予定を立てるときは、彼が「のんびりしたい」と答えやすいように、「どこ行きたい?」ではなく「なにしたい?」と聞いてみるのがおすすめです。

ケンカせずに話し合える

「意見がすれ違うと、いつもケンカ腰になる人っているじゃないですか。
こっちは別にケンカする気はないのに、『なんで?』とか『信じらんない?』とかディスってくるとカチンとくるし……。
話し合いがしたいんだよって思う」(30歳男性/医療関連)

付き合いが長くなれば、多少のすれ違いは当然生まれます。

しかし、その度に衝突していたのでは、楽しく一緒にいるのが難しくなるだけ。

ケンカは避け、話し合いで解決することを意識してみてくださいね。

2人とも居心地のよい時間に

女性が彼氏に感じる居心地のよさと、男性が彼女に感じるものは、案外共通しているのかも。

自分がしてほしい対応を意識すれば、大好きな彼にとっての「居心地のいい女性」になれるはずです。

2人が楽しく過ごせる時間を増やして、幸せをつかみましょう。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)