彼氏と会う約束がなかなか決まらなかったり、デートに誘って「ちょっと今は会いたくない」と言われたりしたら、誰だってショックでしょう。

不安な気持ちでいっぱいになる人もいると思いますが、案外彼は「嫌いになったから」会わないわけじゃないのかも。

そこで今回は、男性が彼女に会いたくないシチュエーションを4つご紹介します。

変わらず好きでも距離を置きたい?男性が彼女に会いたくない4つのシチュエーション

男友達と騒ぎたい

「どんなに好きな子と付き合っていても、『彼女だけいればいい」』って状態にはならないですね。
友達と会って男だけでワイワイやるのが一番元気が出るので、優先順位が仕事>友達>彼女になることもあるけど、許してほしいな」(26歳男性/金融)

恋愛の優先度が高いと、恋人ができた途端に恋愛中心の生活を送る人もいるでしょう。

しかし男性の中には、男友達と過ごす時間を大切にしたがる人もいます。

彼女を大切に思う気持ちとは別に、彼にとっての大切な時間なら、そこに理解を示すことは長続きのポイントかも。

悩みがある

「悩みがあるとき、彼女には暗い顔を見せたくて……。
彼女は『私にできることがあったら言ってね』と言ってくれるけど、そっとしておいてくれるのが一番うれしいんですよね。
彼女を信用してないわけじゃなくて、そういう性格なんです」(27歳男性/飲食)

悩みを彼女に打ち明けたり、悩んでいる姿を見せたりしたくない男性も、決して少なくありません。

1人で考えを整理したくて、放っておかれたがっているときは、そっとしておくのも優しさと言えます。

お金に余裕がない

「お金がないときに、彼女にデートに誘われると断ることもありますね。
『お金ない』って言えば、家で会うプランにしてくれたりするのはわかってるけど、我慢させるのも嫌だし、『だったら余裕のあるときに遊ぼう』って思います」(23歳男性/IT)

お金に余裕がないと、彼女に気を遣わせたくなくて、デートを避ける男性もいるのだとか。

デートを断られたときは、ほかの案を出して粘るより、スパッと「じゃあまた今度ね」と言ってみるのもおすすめです。

疲れがたまっている

「仕事が連勤になったあとは、無理に彼女に会わずに家で休みたいです。
疲れきってる姿を見せたくないし、ちゃんと気遣ってあげられないので、『ご飯作ってあげる』というのも遠慮したい……。
そんなときは友達と楽しく過ごしていてくれるほうが安心です」(29歳男性/商社)

「疲れたときこそ彼女に癒やされたい」という男性がいる一方で、「疲れている姿を見せたくない」という人も。

料理や家事でサポートすることが、必ずしも彼のためになるとは限りません。

彼の希望を汲んで、勝手な気遣いは避けた方がいいでしょう。

元気な姿で会いたいから

男性が彼女に会いたがらない理由は、「愛が冷めたから」だけではないようです。

多くの場合、彼女の前では元気な姿でいたいから、本調子でないときは会わないようにしているのでしょう。

だからこそ、不安をぶつけたり、「なんで?」と質問攻めしたりするのではなく、そっとしておいてあげるのが一番の気遣いと言えるのかも。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)