男性が彼女に抱く愛情は、実際の態度と完全にリンクしているわけではありません。

素っ気ないふるまいが多く見えていても、彼の心には独占欲が沸き起こっている……なんてこともあるのです。

そこで今回は、男性の独占欲の強さと、その表れ方を星座別に占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

てんびん座(9/23~10/23)

【隠れ独占欲度55%】

てんびん座の男性は、彼女が自分以外の男性に目を向けたり、話題に挙げたりすることをとくに好まないタイプ。

自分が側にいない時間に、彼女がアプローチを受けていなかったか、「今日なにしていたの?」とさりげなく探ろうとするようです。

その場合は、隠そうとする態度が不信感につながるので、いつも通り「〇〇してたよ」と答えてあげましょう。

さそり座(10/24~11/21)

【隠れ独占欲度90%】

彼女を一途に思う気持ちの強さが、そのまま表に出る傾向にある、さそり座の男性。

愛ゆえに詮索したくなり、ほかの男性とのちょっとした交流も嫉妬の対象となって、束縛を強めるみたい。

彼の前では、職場の同僚や男友達をほめるような話題は控えた方が無難と言えます。

いて座(11/22~12/21)

【隠れ独占欲度10%】

いて座の男性は、自由を大事にするところがあり、束縛はするのもされるのも嫌いです。

恋人が男友達と親しくしたり、一緒に遊びに行ったりしても、詮索しないどころか気にも留めなさそう。

彼が気にしなさ過ぎて、逆に彼女の側が寂しい思いをする可能性があります。

やぎ座(12/22~1/19)

【隠れ独占欲度75%】

やぎ座の男性は、心の奥底に恋愛への憧れを秘めているのだとか。

そのため、自分の理想の女性像に照らし合わせて、彼女に「こうであるべき」「こうするべき」と強く求めがち。

動向をつねに把握しようとするかもしれません。

みずがめ座(1/20~2/18)

【隠れ独占欲度60%】

みずがめ座の男性は、本人が自由を好むからこそ、他人にも詮索しない一面があります。

ただ、束縛をしなさそうなイメージも強いけれど、じつは違うよう。

気になる人のことは、SNSから情報を集め、密かに様子を知って安心感を得るみたい。

うお座(2/19~3/20)

【隠れ独占欲度85%】

「束縛なんてしたくない……」と思っている、甘い優しさを秘めたタイプの、うお座の男性。

しかし、恋人とはいつでも一緒にいたいし、構ってほしいというのが本音。

そのため、自分と会っていない期間について「なにをしていたの」と、つい聞いてしまうはずです。

話し合いで心地よい嫉妬に

男性が抱く独占欲や嫉妬は、彼女への愛情から生まれるもの。

彼の態度が窮屈に感じても、不満を直接ぶつけるのではなく、優しく諭してみることをおすすめします。

お互いが心地よく過ごせる付き合い方を見つければ、2人の愛情はさらに深まっていくでしょう。

(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の星座別!彼が内に秘める独占欲の強さは…