仕事が休みのはずの彼氏をデートに誘って断られてしまうと、彼の気持ちが冷めたのかと不安になる女性は多いでしょう。

ほかに用事がないときなら、彼が会おうとしないことをネガティブに捉えてしまう気持ちも理解できます。

そこで今回は、男性が突然彼女に会おうとしなくなった理由を3つご紹介します。

言いにくい理由があるのかも!突然彼女に会わなくなった男性の本音3パターン

1人になりたい

「仕事が繁忙期に入ると、休日は家でゆっくりしないと無理ってことがあります。
そうなると、彼女が会いたいと言ってきても断るかな。
どちらかの家でのんびりするとしても、やっぱり1人の時間とは違うじゃないですか。
彼女に来てもらっても気遣えないし、最初から会わない方がいいかなって」(39歳男性/エンジニア)

1人の時間が絶対に必要という男性は、決して少なくありません。

彼にとって、予定のない休みの日は心身を休める重要な時間なのでしょう。

恋人に余裕がないときは、一時的に放っておくことも優しさの一つと言えます。

デート代が足りない

「シンプルに彼女とのデート代を捻出するのが大変なんです。
まだまだ稼ぎは少ないのに、彼女と毎週末会ってデートしてたら、そりゃお金もなくなるでしょ。
自分の趣味のためとか、友達と飲みに行くお金も必要ですしね。
とはいえ、彼女に『お金ないから会いたくない』とは言えないし……」(25歳男性/開発)

彼女に金欠を打ち明けられる男性は、そう多くないと思います。

だからこそ、出費を抑えるために、会うこと自体を避ける場合があるのです。

どうしても会いたいときは「私がおごるからケーキ食べに行きたい!」など、彼の負担が少ない提案をしてみて。

好意が薄れかけている

「基本的に、彼女とは時間が許す限り、一緒にいたいんですよね。
だから、用事がないのに会わないときは、彼女から気持ちが離れていることがほとんど。
でも少し距離を置く期間があると、『やっぱり彼女が必要だ』と感じて、気持ちが戻ることもあるんです。
そういうときは、無理に会おうとしないでくれると助かります」(31歳男性/公務員)

普段は寂しがり屋だったり、甘えん坊だったりする男性が、彼女と会おうとしないのは危険信号かも。

自分の言動を振り返ることはもちろん、気持ちを取り戻そうと焦って迫らないのも重要なポイント。

一緒に過ごさない時間が、愛を育てる可能性は大いにありますよ。

嫌いになったとは限らない

「お互い予定のない休日はデートするもの」と思っている人ほど、彼に誘われなかったとき不安になりやすいはず。

しかし、彼の好意が薄れていると決めつける前に、会おうとしない理由を探ってみることが大切です。

焦ることなく、彼の気持ちに目を向けてみましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)