彼氏との同棲生活に、憧れのある女性は少なくないと思います。

しかし、単に「楽しそう」だけで始めると、予想外の問題に直面して後悔することも。

そこで今回は、幸せな同棲のために気をつけるべきポイントを4つご紹介します。

今後に活かすために!幸せな同棲生活を実現するための4つのポイント

お互いの自由を尊重する

同棲生活が始まり、2人で過ごす時間が増えたことで、お互いの自由が減ったように感じることは多いです。

また一緒に住んでいるからこその「まだ帰ってこないの?」「いまなにしているの?」といった質問によって、外でも落ち着けないことも。

家の中に自分だけのスペースをお互いに作るなど、それぞれの自由を尊重し合う工夫を忘れずに。

たとえ恋人同士であっても、息苦しさが増せば離れたくなることもあるのです。

コミュニケーションを疎かにしない

毎日一緒にいるからといっても、コミュニケーションを疎かにしては、距離が空くことは避けられません。

むしろ、一緒にいる時間が長いからこそ、最低限のコミュニケーションを大切にすべきなのかも。

一度疎かにして「ただ一緒に住んでいるだけ」の状態になれば、ちょっとした不満から関係に疑問を持つ可能性もあります。

お互いの気持ちを伝えあうことが、円満な同棲生活の秘訣と言えるはずです。

期間や目標を決める

ダラダラと同棲を続けないためには、始める前に期間と目的を決めておくのがおすすめ。

「マンションの更新まで」「結婚資金を貯めるため」など、具体的であればあるほど理想的。

逆に、それらを定めておかないと、2人の今後のビジョンが持てなくなることも。

同棲にメリハリをつけるためにも、「いつまで」「なんのために」同棲をするのか、決めておきましょう。

生活のルールを決める

他人同士が一緒に生活する以上、ある程度ルールを決めておくことも大切です。

ガチガチに固めすぎると窮屈さが勝つので、あくまでも大切な項目についてだけ。

とくに大事なのが、同棲にかかるお金のこと。

家賃や光熱費、食費などの負担する割合を決め、家事の分担まで決められるといいかも。

細かい部分は実際に生活しながら調整するとして、大枠はハッキリさせておいてくださいね。

事前準備が幸せな同棲のカギ

同棲を始めた後に後悔しても、取り返しのつかない事態になっていることも少なくありません。

事前に同棲に対する意識や目的を共有し、すり合わせておくことで、有意義な同棲になるはず。

準備を丁寧に行い、2人の今後に活きる同棲を実現してくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)