好きな人が自分のことをどう思っているのか、気になる女性は多いでしょう。

じつは、男性は好意を寄せる女性を前にすると、意識していなくてもやってしまうことがあるようなのです。

そこで今回は、男性が本命の女性につい見せてしまう仕草を3つご紹介します。

無意識にアピール!男性が本命の女性を前についやってしまう3つの仕草

相手の仕草を真似する

一緒にいる男性から、なんとなく仕草を真似られているような気がするなら、彼はあなたに好意を持っている可能性が高いです。

あなたがお茶を飲んだタイミングで彼も飲み物を口に運んだり、ほぼ同時に髪を触ったり。

人は無意識に、親しい相手や好きな人の厚意を真似してしまうようです。

あえて気になる男性が真似しやすい行動をしてみると、彼の本心が見えてくるかもしれませんね。

見つめるのに目をそらす

気になる彼と目が合うことは多いのに、目が合ってもすぐにそらされる場合、彼は少なからず恋心を持っているのでしょう。

そもそも目が合うこと自体ほとんどないなら、恋愛対象として意識されていない可能性があります。

しかし、あなたが彼の方を向くまではじっと見つめていて、いざ合うとそらすというのは、「好きだから見つめていた」と言えるはず。

彼に目をそらされるからといって、嫌われていると考える必要はありません。

それ以上に、彼がついあなたの方を見ていることは、強い好意や興味の証になるのです。

大きく胸を張る

男性が好きな女性の前でついやってしまう仕草として、とくに分かりやすいのが胸を大きく張る動きでしょう。

これは、自分をより頼もしく、カッコよく見せようとする気持ちの表れである可能性が高いもの。

好きな人に魅力をアピールしたい気持ちが高まり、本能的に体を大きく見せようとするのかも。

このことから、気になる彼とデートするときは、彼の姿勢に目を向けることで本気度が分かるとも言えます。

食事の席で真正面に座ったとき、猫背にならず、無意識に大きく胸を張っているなら、彼に本命として意識されているはずですよ。

本命サインを読み取って

気になる女性を前にして、意識せずにさまざまなサインを出している男性は少なくありません。

彼の言動を観察すればするほど、本人も気付いていない癖や隠れた思いを見極められるでしょう。

彼のなにげない言動に好意があふれていると分かったら、それに応えて恋のきっかけにしてみてくださいね。

(なぎさ/ライター)

(愛カツ編集部)