交際当初は彼の方がベタベタだったのに、気付けば素っ気ない態度で連絡頻度も会う機会も減った……なんて経験のある女性もいると思います。

けれど男性も、心から愛する女性のためなら、自分の時間を惜しまず使ってくれるようになるみたい。

そこで今回は、彼氏からずっと溺愛される女性の特徴を3つご紹介します。

長続きの秘訣!彼氏からずっと溺愛される女性の3つの特徴

なにもしなくても居心地がいい

一緒にいてもなにもせず、ただ「いる」だけなのに、不思議と居心地がいい存在っていますよね。

本人の努力では変えられない要素が関わっていることも少なくありませんが、このような関係を築ける人は、必ず相手のことを尊重しているもの。

お互いが思いやりを気持ちを持っているからこそ、自然と相手が嫌がることを避けられ、一緒にいることが快適に思えるようになるのです。

もちろん、そこに至るまでの間には、自分たちの気持ちを打ち明ける機会や不快を避ける工夫も必要でしょう。

とはいえ、完璧な相性を構築できれば、2人の関係が崩れることはまずありませんよ。

自分の時間を大切にしている

気になる男性から、いつデートに誘われてもいいように、極力予定を空けている人もいると思います。

しかし、いつでも会えると分かっているからこそ、優先度を下げて後回しにする男性も。

溺愛される女性の特徴として、「自分の時間」を有意義に過ごしていることが挙げられます。

好きな人に「ずっと一緒にいたい」と思われる存在になりたいなら、自分らしくある時間を作り、人間的な魅力を高めることも大切です。

彼を一番に頼って愛している

男性の心をつかみ、ハマらせることができる女性は、彼のことを一番に頼り、また一途に愛情を注ぐもの。

気になる男性の気を引きたくて、ほかの男性の存在を匂わせたり、わざわざ元カレの話をしたりする人もいるかもしれません。

しかし、多くの男性にとって、嫉妬心を煽るような接し方は逆効果で、好意が冷めるきっかけになることもあるよう。

彼に溺愛されたいのなら、まずはあなたが彼に愛情を伝えることが第一歩です。

重くならないよう、伝え方には配慮しつつ、彼への特別な思いを表現すれば、きっと彼もそれに応えてくれるはず。

優先順位を上げることを意識して

男性が自分の時間を積極的に割いてくれるのは、このうえない溺愛の証です。

彼の中での優先度を高めたいなら、彼の負担になることを避けたうえで、しっかりと愛情を伝えることが重要。

日常的なやり取りから、相性のよさと彼への特別な思いを感じさせて、心の距離を縮めましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)