魅力的な女性に対して、多くの男性は意図せずとも目を向けてしまいます。
そしてそのような女性は、男性から日々注目されるうちに、
自分の外見的な価値の高さを自覚するようになります。

ほとんどの女性は、正直な話、交際するならよりステータスの高い男性を選ぼうとするものです。
いくらイケメンでもお金も職も良識もないという男性は、長く付き合う上では不安です。
10代20代の頃ならまだしも、30代以降はこういう男性と交際していると、
心が休まるヒマもありません。
女性の多くはこういう男性よりも、より誠実で気配りができる、
スマートな男性と、最終的には長く交際したいと考えるものです。

で、ルックスが魅力的な女性って、普通の女性ほどの努力をせずとも、
大勢の男性が寄ってくるものですから、選択の余地が多くて、
いわゆるよりどりみどりの状況を体感しやすくなっています。
男性も、どうせ交際するなら美人の方が良いと考える人ばかりですからね。
ただ、この状況にあぐらをかきすぎると、おかしなことになりがちです。

30代に入っても小悪魔気取りはNG!誘蛾灯オンナになる危険性大!

いつまでも魔性の女じゃいられない! 自分の価値はグングン下がる

美人ってそれだけでステータスになります。
やっぱり男性は、どうせなら一度はとんでもない美人と交際しようと思うものですからね。
美人と呼ばれる女性たちの20代の頃なんて、
公私共にまさにバラ色の日々になることも多いものです。

いるだけで周囲を照らす輝きを放つ、かけがえのない存在と言っても良いでしょう。
ただ、知らず知らずのうちに自分の魔性に自分がアテられて、
小悪魔を気取るようになる美人も、また少なくありません。
いつまでも輝き続けるのも問題です。
このような状態を30代以降も引っ張ると、結構悲惨なんです。

第一に若さの問題があります。
いくら魅力的な女性のままでいたとしても、
10代20代の魅力的な女の子には勝てないようになってきます。
はっきり言えば、男性はセックスフレンドとしての選択肢として考えると、
30代の美人でもアリと考えるのですが、いざ交際してみるとなると、
やっぱり若い女性の方を選ぶことが多いわけです。

第二に、ぼちぼち小悪魔ぶるにも限界が訪れるという問題があります。
いわゆる「いつまでも男に誘惑をしかける、イタいおばさん」というレッテルを、
いつの間にか誰かに貼られる可能性が出てくるということです。
一度そんなレッテルを貼られると、よほど人望がない限りは面白半分に噂のネタにされ、
あることないこと吹聴されるのが世の常のようです。

 

寄って来る男性もやがてはキワモノだらけになりがち!

ここで突然ですが、夜の自動販売機のことを想像してください。
24時間稼動している自販機には、夏場は夜になると、灯りに釣られて色んな虫がたかってきます。
カナブン、蛾、クワガタ、時にはそれらを捕食するために集まるクモやヤモリもやってきます。
たとえはおかしいですが、これがつまり魅力的な美人の10代、20代の頃です。

ところが同じ輝きを放っているはずの自販機も、
冬になればほとんど虫が寄り付かなくなっていきますよね。
せいぜい冬に生まれた老い先短い蛾ぐらいでしょうか。
これがまあ、30代以降の美人の実情です。

蛾とはつまり、20代の美女に相手にされなくなった男性や、甲斐性がないイケメン、
性欲が強くてとりあえずセックスすることしか考えないような連中です。
そういう男性が多く集うようになる原因は、
当事者の、若い頃から変わらぬ小悪魔意識にあると思います。
年齢不相応の自信というものは、悲しいことになかなか自覚できません。
そしてこのような自信は、変な男性のアンテナにキャッチされやすいのです。

 

おわりに

まともな男性は、ある程度将来を見据えた場合、
平和な未来をいっしょに歩んでくれそうな女性を探そうと考えます。
そういう女性は多少地味であっても、とても魅力的なパートナーに思えるものです。

そしてこの場合、まともな男性は、
いつまでも男性を振り回そうとする小悪魔気風の抜けない女性には手を出しません。
いっしょに暮らすにはリスキーすぎますからね。
人は年齢を重ねるごとに考えが深まるものです。
特に恋愛について持ち合わせてきた20代の頃の価値観は、
30代に差し掛かる頃には、ほとんど捨てておくべきです。

恋愛相談

周りに言えない恋、片思い、社内恋愛、不倫・浮気、性の悩み。ちょっとした疑問でもOK!

他のユーザーや恋愛の専門家が回答してくれます。恋愛相談をお待ちしています!

恋愛相談はこちらから