皆さんは、なくしものをしたことはありますか?
今回は「家から物がなくなる事件の驚きの犯人」とその感想を紹介します。

イラスト:エトラちゃんは見た!

気をつけていたのに…

主人公一家は、家の中の物がなくなってしまうことに悩んでいました。
侵入者がいないか確かめることにした主人公は、妹と2人でドアに細工をすることにします。

しかし、その後何日経っても侵入者がいた様子はありません。
そんななか、妹の大事なブレスレットがなくなり…。

妹は彼氏から誕生日プレゼントでもらったブレスレットまでなくなってしまい、悔しい気持ちでいっぱいになります。

もう一度探してみよう

+
出典:エトラちゃんは見た!

その後、夜通し探してもブレスレットは出てきませんでした。
そんなある日、主人公が帰宅すると兄がなにかを持っているのに気づきます。

呼び止めると、兄が主人公が大切にしているぬいぐるみを勝手に持ち出していることに気づき…。
不信感を抱き、兄を問い詰める主人公なのでした…。

読者の感想

家で次々に物がなくなるなんて、誰も侵入していないなら当然家族の誰かが犯人なのではと思います。
大切な物がなくなっていくのも悲しいですが、自分の家族を疑わなくてはならないと思うともっと悲しいと思いました。
(匿名)

盗っていたのが兄であれば、盗った後のリアクションなどに対して注意深くなっていたと思います。
ドアに細工していたことも知っていたのかもしれません。
そうであれば、細工を外して盗むのは容易だっただろうと思います。
(40歳/主婦)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。