金銭感覚の違い

「女性にごちそうするのは全然いいんですけど、男性がすべて負担するのは当たり前という態度や、初デートでなぜか『これを買ってください♡』と買い物をねだるような女性はちょっと…。また、同じ年代で、すでに就職しているのに、なぜか高価なブランド品ばかり手に入れているような女性にも疑問を感じます」(25歳/男性)

恋愛が進展して結婚も視野に入れるとなれば、金銭感覚の違いも大きな要素になります。
ストレスなく恋愛を進めるためには、自分と金銭感が近い女性がいいと考える男性は多いでしょう。

そのため「散財してそうに見える」行動は基本的に避けるべきです。
ただし、彼が奢ると言っているのに「割り勘にこだわる」「好きなものよりも安いものだけを選ぶ」などは彼も変だなと思ってしまうので適度にしましょう。

自らが上機嫌になるか

「正直に言って、誰と付き合うにせよ、喧嘩やマンネリ化は避けられませんよね。そんなときでも、我慢できるのは、自分が彼女を心から好きだからこそだと思います。だからこそ、デートのときに自分のテンションがあがるような女性でないと、付き合う意欲はなくなってしまいます。自分がその女性と一緒にいて、思わず明るい表情になるような相手、それが理想です」(30歳/男性)

「誰でもいいから、彼女がほしい」と思う男性も存在しますが、一般的には男性は「自分が心から好きだと思える女性を」選び「自分でアプローチして」恋愛を成就させたいと思っています。
もちろん、一緒にいて気分が上がるような女性がいいですよね。
デートの時間を楽しく過ごすことによりに、告白される可能性が増すでしょう。

男性も慎重に判断する

男性は女性の仕草や言葉遣いだけでなく、その女性と一緒にいるときに自分が感じる心情も含めて、デート中にいろいろな部分をチェックしています。
素直にデートの時間を心ゆくまで楽しむことが最善のアピール方法といえるでしょう。



(愛カツ編集部)