皆さんは、ママ友との関係に悩んだことはありますか?
今回は「奢られる前提のママ友」を紹介します。
※この物語はフィクションです。


イラスト:進撃のミカ

会計時に消えるママ友

娘が通う幼稚園の役員会に入っている主人公。
ある日、役員会のメンバーと食事へ行こうとしていたときのことです。

役員でないママ友が、食事会についてきました。
そしてお会計になると、ママ友はどこかに姿を消してしまったのです。

主人公は仕方なくママ友の食事代5000円分を立て替え、翌日請求することに。
しかしママ友は「昨日は昨日なんだからいいじゃない」と言って、お金を払おうとせず…。

ママ友の言い分に唖然


出典:進撃のミカ

意味不明な言い訳をするママ友を、主人公はさらに問い詰めます。
するとママ友は「うるさいわね!子どもの前なんだからお金の話はやめなさいよ!」と逆ギレしたのです。

そして何事もなかったかのように、また主人公たちの食事会に参加しようとするママ友。
そんなママ友に、主人公は反撃を決意します。

ママ友に嘘の店を伝え「先に食べててもらえますか?」と言って…。
ママ友が食べ終わったころに、主人公たちが別の店で食事をしていることを明かしたのです。

自分で会計することになったママ友は顔面蒼白。
結局支払いができず、夫を呼ぶことになって…。

店員にも夫にも叱られたママ友は、すっかり大人しくなったのでした。

ママ友に反撃

会計時に姿を消し、当然のように奢ってもらっていたママ友。
そんなママ友にお灸を据えた主人公のエピソードでした。
(愛カツ編集部)