妊娠時の姿を思い出として写真に残しておく……女性芸能人や海外セレブも行い度々話題になる“マタニティフォト”だが、なんとその一歩上を行く、“マタニティフィギュア”というのがあるんだとか!?

d20189-1-642309-4

マタニティフィギュアは3Dフィギュアの製作サービスMini-meが提供し、全国の写真館に設置された機材で撮影・作成が可能。マタニティフォトと合わせて撮影可能で、フィギュアデータ作成の撮影はわずか90秒ほどなので、妊婦の方への負担も少ないとのこと。

全身をそのまま3Dフィギュアで再現できるので、お腹の美しい優しい丸みを立体的に思い出として残すことができる。

d20189-1-701811-18

d20189-1-276796-14

生まれてくる子どもたちが見ることのできないお母さんのマタニティ姿を立体で見ることができ、お腹なども直接触ることもできるので、お母さんのお腹にいたという家族の物語を聞かせてあげる情操教育にも役立たせることができる。

d20189-1-628821-2

d20189-1-855763-13

【Mini-me フィギュア仕様】

  • Mini-meのフィギュアは実際の1/10スケール(例:160cmの身長の方は約16cmになる)
  • 価格は1体30,000円(税別)
  • 素材は石膏・フルカラー
  • 台座は円形

以下は実際に撮影し作成したマタニティギュア。白いシャツなど明るい色で撮影するとベースとなる石膏の白さでキレイに仕上がるんだとか。

最新技術によって生まれた、思い出の新しい形。大切な機会にトライしてみるのもいいかも!?

(参考)http://mini-me.jp/campaign/maternity/

 (愛カツ編集部)