ヘアケアブランド「パンテーン 2016年秋 新CM発表会」が27日、東京都内で行われ、“芯が強く美しい女性”代表として新アンバサダーに就任した菜々緒が出席しました。

“香りフェチ”という菜々緒は、新製品「トリートメントコンディショナー」に対して、「香りには厳しいのですが、ずっと自分の髪の香りをかいでしまうほどいい香り。この香りのする男性ってすごくセクシー。女性だけじゃなく男性の髪の毛もいい香りがするといいな」とコメントしました。

 

今回、「男性からもいい香りがするといいな」というコメントもありましたが、きっと世の女性には「この香り、好き!」という男性の香りてあると思うのです。

もしかしたら、容姿とかあまり好みじゃないんだけど、この人の香りが好きで気になってしまった…なんて経験をした女性も中にはいるかも。

でも、シャンプーや香水の香りで人のことを好きになるわけないよね!と思っているあなたのために、今回は香りと恋の意外な関係についてご紹介します。

 

9084da86e20ee2da7edfc202eee62777_s

 

テストステロンて何?

テストステロンというホルモンをご存知でしょうか?

男らしさを司る男性ホルモンの一種で、テストステロンが多いと、男性らしい骨格や筋肉が作られ、声が低くなる、などの効果があります。

そのため、女性は本能的により強い男性、より男らしい男性を選んでいるので、無意識にテストステロンが多い男性を好む傾向があります。

また、テストステロンが多い男性の方が筋肉質で若々しいなど、恋をするうえで重要な容姿でも優れていることになるので、女性もテストステロンが多い男性に惹かれやすいのではないでしょうか。

しかも、テストステロンを嗅ぐと、異性にときめいたと時の感覚と錯覚しやすい効果もあり、そもそも女性が男性に引き寄せられやすいと言われています。

ちなみに、オスのラットにテストステロンを注射した途端、メスのラットが群がったという実験結果があるほど。

まさにモテるホルモンと言えますね。

 

 

香りで恋に落ちる?

香水などに多く使われているイランイランには、この香りの成分にテストステロンと似た物質が含まれていることが知られています。

そのため、男性がイランイランを含んだ香水をつければ、その香りを嗅いだ女性はその男性に惹かれるやすくなります。

「この人の香り、好きかも…。」がきっかけでもし恋に落ちた経験があるとすれば、それにはこうした理由があったのかもしれませんね。

つまり、香りの裏側では恋に関わる物質が働いていて、皆さんの恋の手助けをしているというわけです。

 

今回は香りと恋の関係について考えてみました。

実は体臭など人間特有に匂いについても恋と面白い関係がありますが、こちらの話については、また別の機会でご紹介したいと思います。

 

(恋愛結婚学研究所 新上幸二)

【参考:KK KYODO NEWS