こんにちは!

絶賛婚活中、アラサー女子のはるなです。

そろそろ結婚を考えられるようなパートナーが欲しいと思っているのですが、なかなか良い出会いもなくて相手が見つかりません…。(苦笑)

なので、もうこうなったら婚活イベントに参加するしかない!と決意しました。

今回は、話題のタブレット婚活のイベントに参加してみたので、体験談を書いていきたいと思います。

%e3%82%bf%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e5%a9%9a%e6%b4%bb

 

そもそもタブレット婚活て何?

婚活イベントの参加者に11台ずつタブレットが配られ、そのタブレットを使って相手のプロフィールを見たり、相手に好意を伝えたりすることができるのが、タブレット婚活です。

プロフィールをその場で書いたり、プロフィールやアプローチをするための用紙を持ち歩いたりしなくて良いのでとても楽ちん、婚活イベントで使用するものがすべてタブレットに集約された、最先端の婚活方法なんです。

 

まずは申し込みから

今回はインターネットで検索して、大手結婚相談所の運営するタブレット婚活のイベントに申し込みをしました。

街コンジャパンやオミカレのようなポータルサイトから検索して探すのも良いと思いますし、気に入った結婚相談所があればそのホームページから探すのも良いと思います。

私はホームページから探しましたが、料金は男性が6000円、女性が3000円で、クレジットカードが使えたので事前に支払いました。

こちらの結婚相談所の他の婚活イベントも見てみましたが、大体このくらいの料金設定のようです。

そして、さすが婚活イベント!と思ったのが、申込時に自分のプロフィールも記入しないといけないこと。

年齢、職業、年収、住所、趣味、結婚歴…とけっこう細かく書かないといけないんです。

最後に簡単な自己アピールを書く項目もありましたが、こちらは一応フォーマットも用意されていて、それに合わせて書いたら楽でした。

 

参加当日の大まかな流れ

会場で受付の方に名前を伝えると、身分証の提示を求められました。

今回は2030代向けのイベントに申し込んだので、免許証や保険証で名前と年齢は確認されてそうです。

受付が終わると、指定されたブースに移動するように指示をされました。

そこにはイベントで使用するタブレットが置いてあって、ここで男女11で話をします。

ブースで受付時にもらったお茶を飲みながら待っていたら、最初の相手の男性が現れました。

イベントの開始時間になると、スタッフの方がイベントの流れや注意事項を説明がスタート。

タブレットでお相手のプロフィールを確認しながら男性と5分間話をするのですが、時間が終わると男性が移動して、次の男性がまたやってくるという流れでした。

(※男性は自分のタブレットを持ち歩きます。)

これを大体10回ほど繰り返して1周するとトークタイムは終了、最初に話をした男性が戻ってきました。

この後、気になる相手に最大5人まで好意を伝えることになります。

タブレットでボタンを押した順に、第一希望、第二希望…となる感じで、カップリングするとタブレットに両想いであることが通知されます。

そして、イベントが終了するとまずは男性が退席、そのあとで女性が退席をするのですが、カップリングした男女は、男性が入り口で待っていて女性と再会し、連絡先を交換したりすることになります。

 

参加者はどんな人達だった?

今回のイベントの参加者の平均年齢は、男性が30代前半、女性が20代後半だったみたいです。

男性はほとんどがスーツ姿のサラリーマンの方々でした。

私服の人も1人いましたが、その人はなんと年収2000万円以上の経営者の方でした。

(※プロフィールに記載できる年収の上限は2000万円まで)

女性は看護師とかエステティシャンとか、なかなか男性との出会いのなさそうな業界の方が多かったと、参加者の男性から聞きました。

 

参加した感想

婚活初心者には5分間という短い時間でタブレットを見ながら、相手の男性としっかり話すのは難しかったですね。

私の場合は、年齢とか趣味とか自分の中で外せない条件だけをちらっと見て会話しましたが、できればじっくり見て相手のことを知りたかったです。

もしイベント開始前でもタブレットを使っても良いという指示があれば、事前にプロフィールを確認できたのに…とは思いました。

もしかしたら、指示が無くても使っている人もいたのかもしれませんが、その方のやりかたは正解ですね。

使用できるものがタブレットのみなので、メモするような機能(そもそもそんな時間もないのですが)もなく、それぞれの男性と話した内容や特徴を覚えておくのも結構厳しかったです。(汗)

(※筆記用具などの使用は禁止)

今回は10人なので何とかなりましたが、もっと多かったらわけがわからなくなってしまうかもしれません。

 

カップリングの結果は…

残念ながら今回は男性とカップリングすることができませんでした。

ちなみに、最後同じブースにいた男性もカップリングできなかったと残念がっていました。

私の場合、話を盛り上げなければ…という意識が働いて、自分からけっこう話をしてしまったのですが、相手の男性の知りたいことを質問させてあげるとか、もう少し配慮すれば良かったなと反省しました。

5分間という短い時間でうまく話すというのは、慣れが必要かもしれません…。

 

おわりに

婚活イベントということもあり、結婚の意識が高い男女が集まっていたと思います。

中にはタブレットにはない情報、例えば、家族構成や実家の場所まで質問している人もちらほらいました。

私はそこまで気にしていないのです、そういう質問をされると、家族構成や実家の場所も大事だよな…としみじみ思ったり。

自分から声をかけにいったりしなくて全員と話せるので、引っ込み思案な人に向いたイベントかもしれません。

 

(愛カツ編集部)