2017.1.2

株式会社主婦の友社は『ウルトラ不倫学』発売を記念して、著者である心理学者の杉山崇先生がセミナーを開催しました。

 

不倫が「絶対に許せない」のは4人に1人

不倫についてどう思いますか?と質問をしたところ、不倫が「絶対に許せない」と回答したのは24.3%でした。

4人に1人が不倫が「絶対に許せない」と考えているようです。

ウルトラ不倫

 

不倫願望をもったことがある既婚者は約4割

不倫をしたいと思ったことはありますか?と既婚者に質問をしたところ、不倫願望が「ある」と回答したのは36.3%でした。

不倫願望を持ったことがある既婚者は約4割という結果になりました。
不倫願望

 

人間には自分の意志を超えた本能がある

杉山先生によると、

『人間には自分の意志を超えた本能があります。ふだんは意志の力で本能を抑えていますが、隠しているだけでは本能がなくなったわけではありません。その本能のひとつに、男女が惹かれ合うということがあります。

不倫は社会的、倫理的に「いけないこと」ですが、状況しだいで人は本能に逆らいきれなくなることもあります』

不倫は「いけないこと」と分かっていながらも、本能に由来しているので、誰にでも起こり得るもののようです。

 

ハッピーになれる不倫とは?

では、心理学的観点からハッピーになれる不倫の条件とは何でしょうか?

杉山先生によると、日本で最も多いとされる「既婚男性×独身女性」カップルの例では、

『不倫に限らず男は妻や恋人の存在を隠したがり、女は語りたがるものです。このような男女のすれ違いは、男女の幸せの感じ方が根本的に異なっているためです。不倫女性をハッピーにするために男性に心がけて欲しいことは、女性の存在を公にできるコミュニティを持つのが良いです。

逆に、不倫男性をハッピーにするために女性に心がけて欲しいことは、妻が絶対にやらないような、不倫相手が喜ぶポイントをひとつ以上、確認すること。既婚男性にとって妻と存在感がかぶる人は必要ありません。また女性自身も自と、「この人には私が必要だ」と実感できるようになり、不安を抱えずにすみます』

男女の幸せの感じ方に違いがあることを理解することで、不幸な不倫をより幸せな不倫に変えることができるようです。

 

おわりに

『ウルトラ不倫学』では、これ以外にもさまざまな心理学的教訓が紹介されています。

これらは、不倫当事者も、不倫とは無縁の方にも人生の教訓となる内容となっており、不倫を切り口に、不倫という現象へと動く男女の心理、なども学ぶことができます。

不倫のみならず人生の教訓を学べる『ウルトラ不倫学』、読んでみるのはいかがでしょうか。

 

●調査方法:主婦の友社読者ネットアンケートクラブ会員を対象にオンラインアンケート

●実施期間 2016年10月14日~18日

●有効回答数 1016件(女性95%、男性5%/既婚者64.2%、未婚者35.8%)

 

(愛カツ編集部)

【参考:株式会社主婦の友社のプレスリリース