TBS系ドラマ『A LIFE~愛しき人~』で、壇上記念病院の顧問弁護士である壇上壮大の愛人・榊原実梨役を演じる菜々緒さん。

悪女役として2013年に出演した『ラストシンデレラ』以降、『ファースト・クラス』、『サイレーン刑事×彼女×完全悪女』など、悪女役で大活躍しています。

もはや「悪女と言えばこの人!」と言ってもおかしくないくらいの菜々緒さんですが、今回『A LIFE~愛しき人~』の撮影の裏側を語り、

「実梨は若くして病院の顧問弁護士というキャリアウーマンでありながら、副院長の壮大と男女の関係にあるので…。“悪女要素”は、やっぱり出てくるんですね…と(笑い)。どんな役でも嬉しいですけど、悪女で求めてもらえるのはありがたいなと思うし、以前の悪女役を評価してオファーしてくださっていると思うので、数倍嬉しいんです。」

と悪女役が評価されてオファーが来ることをとても喜んでいるようでした。

でも、なぜ菜々緒さんは悪女が似合うのでしょうか。

世間の女性は菜々緒さんの悪女役について、どう考えているのか見ていきましょう。

 

菜々緒さんの容姿が悪女のイメージにピッタリ!?

菜々緒さんはなぜ悪女が似合うのか?、ある22~34歳の働く女性を対象にしたアンケートでは、

「清楚な役が似合わないくらい悪女の美人顔」

「背丈もあってスタイル抜群で迫力があるから」

「エキゾックな魅力で本当に魔性の雰囲気」

など、菜々緒さんの容姿が悪女のイメージにピッタリと考えている女性が多いようです。

悪女の外見=菜々緒さんの容姿、悪女の内面=役で作られた性格ということで、なぜ菜々緒さんは悪女が似合うのか?という質問には、菜々緒さんの容姿が注目されやすいのかもしれませんね。

 

悪女と言われてしまう性格は?

では、次は「この子、悪女だよね。」と言われてしまう性格について見てみましょう。

【女性編】これぞ悪女の特徴ランキングによると、1位は「複数の人と同時進行で付き合う」、2位は「友人の恋人を取る」、3位は「思わせぶりな態度をとる」と続き、他人の気持ちをもてあそぶ女性が、悪女だと考えている女性が多いようです。

この結果を見ると、おそらく悪女と呼ばれるような女性は、自分の欲望に正直な人なんだと思います。

欲しいと思えば、何人もの男性とも付き合いますし、時には友人の恋人だったとしても平気で奪いにいきます。

ですが、こうしたことを日頃からやっていると、周りの人達から冷たい目で見られることは間違いないはずなので、普通はこうした行動を控えるものなのですが、それを平気でやれるということは、きっと他人からどう思われるかということが気にならない、これが悪女のもう一つの特徴なのかもしれませんね。

 

おわりに

今回は、女性が考える悪女のイメージについて迫ってみました。

みなさんの考える悪女のイメージと同じだったでしょうか?

身近にこういう特徴の女性がいたら、恋愛のみならず友人としての付き合いも、少し気をつけた方がいいかもしれませんね。

 

(恋愛結婚学研究所 髙橋龍司)

<参考>

NEWSポストセブン 『A LIFE』出演の菜々緒「悪女役で求めてもらうの嬉しい」

マイナビニュース 【女性編】これぞ悪女の特徴ランキング