2017.4.19

株式会社メイクソフトウェアは、アンケート調査結果を元にした『結婚って!? 2017』を公開しました。

全国の既婚女性570名を対象に、結婚に関するリアルな本音を聞いてみました。

 

◆5人に1人が「妥協」して結婚!?

まず「結婚するために、プラスになると思うことは?」について質問をしてみました。

1位:出会いのある場に出かけること(31%)
2位:相手について適当なところで妥協すること(21%)
3位:結婚したい意思を彼氏に伝えること(11%)
3位:タイプでない相手でも付き合ってみること(11%)

その結果、1位は「出会いのある場に出かけること」で31%でした。

2位は「相手について適当なところで妥協すること」で21%で、女性の5人に1人は妥協して結婚していることが分かりました。

また「相手について適当なところで妥協すること」以外にも、「タイプでない相手でも付き合ってみること」といった回答が上位にあがる結果となり、女性の結婚に対するリアルな考え方が垣間見られました。

 

◆モテることってムダなの!?

次に「結婚するために、やってもムダだと思うことは?」について質問をしてみました。

1位:多くの男性にモテること(25%)
2位:モテる方法を研究すること(17%)
3位:結婚相手に求めるスペックを明確にすること(16%)

その結果、1位は「多くの男性にモテること」で25%でした。

結婚は1人の男性に愛されれば良いわけで、不特定多数の男性にモテる努力はムダだと考えている女性が、4人に1人もいることが分かりました。

 

◆8割が結論として「結婚してよかった」

最後に「正直、結婚してよかったと思いますか?」について質問をしてみました。

1位:とてもよかった(48%)
2位:まあよかった(36%)
3位:なんとも言えない(11%)
4位:あまりよくなかった(2%)
4位:よくなかった(2%)

その結果、1位は「とてもよかった」で48%でした。

半数の女性は結婚をしてとてもよかったと感じているようです。

また、「まあよかった」を加えると、結論としては「8割が結婚してよかった」と回答しており、ほとんどの女性が結婚してよかったと感じているようです。

 

◆おわりに

結婚については、「5人に1人が妥協をして結婚」をしていた事実が分かり、結婚した女性の本音が見えました。

一方で「結婚してよかった」と思っている女性は8割にものぼり、みなさん幸せな結婚生活を過ごしているようです。

結婚は色々と考えなければならないことが多いので、二の足を踏んでいる人もいるかもしれませんが、この結果を見ると難しいことは考えずに結婚した方がよさそうですね。

 

【調査概要】
対象:既婚女性570人(内、7割が20~30代)
実施:2017年3月

 

(愛カツ編集部)

【参考:株式会社メイクソフトウェアのプレスリリース