2017.6.13

フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(29)が6月11日放送の「ワイドナショー」(日曜午前10時)で、小栗旬のものまね芸人・おばたのお兄さん(29・吉本興業)との交際を認めました。
おばたのお兄さんの収入について山崎アナは「何となく口答で聞きました。想像以下でした」と、相当収入が低い「格差交際」であることも認めました。同時に、おばたのお兄さんのことを「裏表が全然なくて、すごく芯を持っている」とも語っており、「(それなりに)満足感のある格差恋愛」である模様。

■年収300万円の男性が婚活しない理由とは?

さて、おばたのお兄さんの年収は公開されていないので、世に流通している「吉本興業の給料は低い」との言から推測し、仮に年収300万円として話を進めます。また、格差恋愛に関する調査結果がほぼ見当たらなかったため、今回は婚活に関するデータをもとにお話をしたいと思います。

***

年収300万円未満の男性の婚活率は9.2%なのだそうです。じつに約10人に1人しか婚活をしていないとのことです。なぜか婚活をしないのか? について、じつに3割以上が「特に理由はない」と回答したのだそう。年収が低いと女性に選ばれづらいから、という本音を隠して「理由なし」ということなのでしょうか? と邪推したくもなりますが、今回参考にさせていただいた調査は、そこまで踏み込んだことを聞かなかったようで(当たり前だ)、これ以上の情報はありませんでした。

■年収が1000万円に近くなるにつれて・・・

さて、ここからは前回同様、取材結果をご紹介します。
フジテレビの平均年収は、よくネットでも報じられているように1000万円超です。29歳の山崎アナはおそらく、1000万円近く年収があるのでしょう。
1000万円近く年収があると、人はどのような恋愛をするのか? 相手の年収など度外視で、自分が本当に好きと思えた相手を選ぶ人が出てきます。もちろん「わたしは年収1000万円あるのだから、相手はそれ以上ないとイヤだ」と言う人もいます。

しかし、本人は自分の力で食えているのはもちろんのこと、好きな生活ができているのです。だからパートナーに選ぶ相手は、「自分が好きな人≒自分がめんどうを見てあげてもいいと思える人」という選択をする人が出てくる。あるいは「自分が好きな人≒人間性が好き。年収等各種条件は関係なし」という選択をする人も出てきます。

ちなみに、言うまでもないことかもしれませんが、この傾向は職業問わず、です。女子アナ、キャバ嬢、商社の総合職、社内で表彰される生保レディ、会社経営者、なんらかの資格で食っている高収入女性などなど、多くの女性に当てはまります。
この自由恋愛の国・日本って、おおむね年収1000万円ないと、「自由」に恋愛ができないのかもしれません。

■年収300万円以下の男性の「おいしい婚活」2つの方法

というようなことで、年収300万円以下の男性は、「特に理由はないけど結婚したくない」と拗ねたようなことを(失礼!)言っている場合ではありません。

まず常識的に考えて、年収300万円以下の仕事を手放して、田舎に移住する。これが選択肢その1です。田舎への移住が人気なのは、ここでその論拠を出すまでもなく、みなさんよくご存知でしょう。300万円もらえる権利を放り出して、ゼロから移住です。すると年収という概念に縛られない素晴らしい生活ができます。当然、地元の女性と恋仲になることだってあるでしょう。これが「年収度外視パターン」。

その2。こちらは「お金も大事だよね、パターン」とでも名付けましょうか。
年収1000万円以上の女性と、どんどん知り合うことです。なにもフジテレビの高嶺の花を狙わなくとも、1000万円超の女性はどこにでもいます。そういう女性に好かれるといいのです。学歴コンプレックス? 年収コンプレックス? そんなのは関係ありません。
たとえば金はなくとも、「裏表が全然なくて、すごく芯を持っている」男でありさえすれば、好いてくれる年収1000万円超の女性は山崎アナ以外にも、常識で考えると、ほかにもたくさんいるはずです。

***

最後に一般論を付言するなら、この国で自由に恋愛を楽しもうと思えば、制度の中に飛び込むか、そこから飛び出すかの二択です。飛び込むのであれば、まっすぐ飛び込むのではなく斜めに飛び込む、つまりたとえば「裏表が全然なくて、すごく芯を持っている」というように、あなたのプライスレスな人間的魅力を武器に。飛び出すのであれば、日没就寝、自給自足、晴耕雨読です。
年収300万円だからこそ(?)選べる、魅力的な婚活の選択肢です。

※参考・引用 年収格差が婚活意欲に大きな影響。年収300万円未満の婚活率(9.2%)は、年収600万円以上(22.7%)の半分以下だった(PR TIMES)

※参考・引用 フジ山崎アナ「想像以下でした…」と格差交際認める(Yahoo!/日刊スポーツ)