2017.9.11

タレントの出川哲朗さんが、6日から「胆管炎」で入院していることが判明しました。

6日の夜、つまり入院当日まで仕事をしていたそうですが、仕事を終えた後に病院に行ったところ胆管炎と診断され、そのまま入院に至ったのだとか。

もしかすると「まさか入院になるなんて!」とご本人も驚いたかもしれません。

ところで、出川さんに限らず、日頃の激務がたたってか突然の体調してしまう男子も決して珍しくありませんよね。

こんな風に体調不良で病院を訪れて、いきなり入院してしまうパターンって意外とあります。

では、もしも気になる男子が突然入院したら、どんな対応をしたら喜ばれるのでしょうか!?

入院した男子に持って行くと喜ばれる意外なグッズを3選ご紹介していきます。

入院しちゃった彼

 

■1:イヤフォン

個室だろうが大部屋だろうが、病院って音を出しにくい環境。

個室の場合にはまだマシですが、大部屋だと動画を見るのにも音を出しにくく、周囲に気を使ってしまいます。

なので、スマホで使えるイヤフォンを持って行ってあげると意外と喜ばれることも多め。

まさか入院になるとは思わずに病院に行き、そのまま入院になってしまった男子ほど不便を感じているでしょうから、ぜひ持って行ってあげて。

もし、彼の手元にすでにイヤフォンがあったとしても、気遣いは確実に伝わるグッズです。退院後にも使えるアイテムですしね。

 

■2:ノリがついていないタオル

入院中は、タオルがあると何かと重宝します。枕の高さが合わない時にも使えるし、お風呂の後にも必需品です。

ところが、入院中にお見舞い品としていただくタオルって新品ゆえにノリが効いているものが多く、いざ使おうと思うと意外と使いにくいのもありがちな話。

なので、新品のタオルでも、一度洗ってあるもののほうが実際には重宝したりするんです。「気になる彼に開封済みのタオルを持って行くのは気がひける」という女子もいるかもしれませんが

「ノリが効いていると使いにくいと思って」とひと言添えて渡してあげれば、「わかってるねぇぇ!」と大喜びしてくれる男子のほうが多いはず!

 

■3:話題の小説

入院中って、意外と暇を持て余してしまう男子も多いので普段は読まない書籍類を読みやすい環境でもあります。

雑誌を持って行ってあげる話はよく聞きますけれど、雑誌ってすぐに読み終わってしまって、持って行くのが重いわりに意外と暇つぶしにならないことも。

入院中はひたすら本を読める環境が整っているので、普段は小説なんて読まない彼でも「暇だし読んでみるかな」と思いやすいタイミング。

雑誌よりも長い時間楽しめるし、先の展開が気になって読書に没頭できれば暇も潰せるしでいいことづくしだったりします。

 

■おわりに

気になる彼が入院したと聞けば、なによりも最優先でお見舞いに行く女子が多いはず。

そして、せっかくお見舞いに行くのでしたら彼の「痒い所に手が届く」グッズを持参して、より快適な入院生活を送ってもらえるように気遣いを見せてあげて。

きっと超絶感謝してくれるはずです!(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)