2017.9.22

22日放送のTOKYO MX系の『モーニングCROSS』で、恋愛起業家の大木隆太郎氏が、この5年間での異性との出会い方の変化について語りました。

 

リアル系の婚活サービスの変化

ブームにもなった街コンは、今はほとんど開催されていません。

〇〇コンと名の付く出会いイベントはありますが、男女1000人が出会うような大規模な本来の街コンではなく、数十人が出会う小規模な出会いイベントばかりになってしまいました。

そして、現在は小人数で行われる恋活パーティーや婚活パーティーの開催が増えています。

また、新しい出会いのサービスとして、相席系の居酒屋やラウンジの台頭が目立ちます。

 

ネット系の婚活サービスの変化

出会い系サイトはトラブルが多く姿を消しました。

代わりに、SNSと連動した婚活サイトやマッチングアプリの利用者が急増しました。

しかも最近は、SNSのメッセージ機能などを使って直接アプローチする若者も増えています。

愛カツの恋愛相談には、SNS上のやりとりだけで会ったことがない異性を、彼氏・彼女と呼ぶ若者からの悩みも寄せられています。

 

お薦めの婚活サービス「マッチメイキング・ハワイ」

日本人から人気のある海外と言えばハワイではないでしょうか。

そんなハワイ好きな日本人女性と現地の男性をマッチングして結婚に導くサービス「マッチメイキング・ハワイ」をご存知でしょうか。

このサービスで日本人女性はすでに800名が結婚しています。

ハワイに永住してみたい日本人女性は、この「マッチメイキング・ハワイ」を使って、現地の男性と結婚するのはどうでしょうか。

もしかしたら、大好きなハワイで一生バカンス気分で生活できるかもしれませんよ。

(愛カツ編集部)

 

<参考>

マッチメイキング・ハワイ

【YouTube】モーニングCROSS:大木隆太郎「ネット恋愛は今や常識? 5年で変わった異性との出会い方」 恋愛サービスの変化 “リアル系”と“インターネット系”