2017.10.12

Tes Tee Lab.が10代の男女1,805名を対象に恋愛・結婚について調査した結果、<恋人がいる・結婚している10代男性の67.6%が「じぶんから告白した」と回答>したとのことです。

今の世の中は草食系男子が多いということになっていますが、なんと約7割もの男子が、じぶんから告白したことがあるそうです。意外ですよね。

7割もの10代男子が「じぶんから告白」

■「告白=勇気」とは言い切れないのでは?

たくさんの恋愛相談を読んでいると多くの人々が、告白と勇気をセットにして考えているように見受けられます。つまり簡単に言えば、告白する勇気がないから告白できなかったとか、告白する勇気があれば告白できる、というようなことを書いてある相談が非常に多い。

ということは先にご紹介した7割の男子は、告白する勇気があったということ?

告白って、「いても立ってもいられないから」告白してしまったという、いわば情熱のようなものが自然に告白させてしまった、というケースってありますよね?心の情熱も下半身の情熱も含めて、情熱に突き動かされたゆえの告白、というパターン。

あるいはオトナになれば知恵を使って、告白しても相手に断られないであろう状況をうまくつくって、自然誘導的に告白してつきあった、というパターンだってあるでしょう。あるいはこの2つのパターンが合体した告白のしかただってあるはずです。つまり告白は100%の勇気で清水ジャンプ的に行うものとは言い切れないのでは?

■流行語を頭から信用しているからではないですか?

草食系男子が多いから、恋愛を楽しみたい女子にとっては物足りない時代です、というようなことをときどき耳にしますが、それってどこかしら偏った見方ではないかと思います。恋愛に限らずあらゆる人間関係って、どちらかひとりにだけなんらかの原因があってうまくいかないということは、本当はないはずなんです。あなたにも原因があるし、相手にも原因があると見るのが素直は見方ではないでしょうか。

あなたが持っている原因はおそらく、時代の見方、つまり今の時代は草食系男子が多いという世論というか、流行語を頭から信用しているところにあるのでは?

■告白は素直さと知恵では?

10代男子の7割が自分から告白したと解答

こと告白において勇気が必要というのは、おそらく誰にも否定できない考え方だろうと思います。でもこういう考え方だけを持っていたのでは、告白なんてできないはず。気がついたらいつもふたりで一緒にいて、さらに気がついたらおなじシーツにくるまっていて、さらにさらに気がついたらつきあっていた。こんなカップルだって、案外多いものです。

調査結果によると(恋人がいる・結婚している)男子の3割はじぶんから告白したことがないそうです。女子に限って言えば、7割の女子はじぶんから告白したことがないそうです。

そういう人は、物事の自然な流れを意識してみては?相手のことが好きすぎて、いても立ってもいられないという心の、自然な動きに素直に行動してみるとか、あるいは相手と何回か食事に行って自然と仲良くなるとか、そういう自然な流れを作ることができれば、100%の勇気がなくとも、1割くらいの勇気で告白することだって可能なはずです。

**

自然な流れはおそらく、素直さと知恵があれば誰にだって生み出せるものです。
一見おとなしそうに見える人って男女問わず、ポーカーフェイスで相手のことをしれっと観察していたりもするわけですから、じぶんから告白した男子たちはおそらく、あるていど素直さと知恵を持っていたのではないでしょうか?

もしそうであるならば、日本の未来は明るい。素直さと知恵って、あればあるほど人生を豊かにしてくれるから。逆説的に言えば、素直さと知恵に恵まれない人々の、いかに息苦しそうに見えることか。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)

※参考:「若者の恋愛離れ」は本当?10代男女の恋愛事情を徹底調査!(Tes Tee Lab.)