デブってしまった彼氏を痩せさせるための秘儀

彼氏がデブすぎて「もういや!なんとかして痩せてほしい」と思っている女子も決して少なくないはず。彼氏がデブすぎると、一緒に歩いていて「恥ずかしい……」と思っちゃう人だっていますよね。

木村カエラさんがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「木村カエラcosmic☆radio」では、木村さん本人が、夫の体重が100kgを超えてしまったというリスナーの相談に「ライザップに放り込む」「エイプリルフールに“痩せなきゃ離婚する”と言う」などのユニークな回答をしたとして話題です。

さて、デブってしまった彼氏は、やっぱりカエラさんが言うような強行的な手段で痩せさせるしかない!?今回は、デブってしまった彼氏を痩せさせるための秘儀を3つご紹介します。
デブってしまった彼氏を痩せさせるための秘儀

■1:期限を区切って「痩せなきゃ別れる」

カエラさんの相談者は、既婚者だったことから「エイプリルフールに“痩せなきゃ離婚する”と言う」でしたが、恋人関係にある彼氏を痩せさせたい場合には、エイプリルフールでもなく、普通に期限を区切って「その日まで痩せなければ、別れる!」とルールを決めちゃうのが手っ取り早い方法です。

人間、なにかゴールがないと、なかなか目的達成に向けて着手できなかったりするので、そのゴールを彼女が設定してあげるのです。

実際にその日が来て別れるのか別れないのかは、その時に決めればいいですし。まずは「ゴールを設定してあげる」という意味で、期限を設定してみてください。

■2:3kg痩せるごとにご褒美を設定する

彼氏に痩せてほしい彼女は、痩せなければ彼が喜ぶことをしてあげないようにルールを決めるのも方法です。

「3kg痩せたら、キスしてあげる!」「次に3kg痩せたら、エッチを1回」という感じで、痩せるごとに段階別ご褒美を設定すると、俄然ダイエットにヤル気が出る男子も少なくないのです。

ご褒美は、彼が望んでいるもの、喜んでいるものであるほど“やる気スイッチ”が入りますので、彼が普段からやりたがっているもので設定してみて。

3kgの部分は、2kgでも5kgでも、彼のデブ具合に合わせて、好きな数字で設定できます。

■3:一緒にダイエットして先に目標達成した側が勝ち

一緒にダイエットを始めて、先に目標体重を達成したほうが「勝ち」のルール
一緒にダイエットを始めて、先に目標体重を達成したほうが「勝ち」のルールで「勝ったほうが負けたほうに言うことを聞かせる」「勝ったほうがなんでも好きなものを買ってもらえる」とゲームを設定するのも、ダイエットのやる気に繋がります。

彼がデブすぎる場合には、すぐに結果が出るようにせず、彼女はあえて実現が難しいゴールを設定しておくと、彼が「ゲームに負けまい」としてダイエットに励む時間が長くなるのがメリットです。

デブすぎる彼氏を「どうにかして痩せさせたい」と思っている女子のみなさんは、彼が自然とやる気になるようなキッカケを与えてあげるといいかもしれません。

どんなにデブな彼氏でも、目標が設定されれば「じゃ、ダイエットするか」という気持ちにもなりやすいのではないでしょうか。(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)

【引用・参考】
木村カエラ「体重100kg超の夫にダイエットさせるには?」