2018.1.10

モデルの道端アンジェリカさん(32)が、韓国国籍の一般の男性との結婚を発表しました。 道端さんといえば、セレブ志向で、結婚相手の年収は「5,000万円欲しい」と、相手に求める高い条件を発言したことによってSNSで炎上までしていましたが、なんと今回結婚を決めたお相手は、普通のサラリーマン。

決め手は「出産願望が強まったこと」と「大変な時に彼が支えてくれた感謝から」だそう。

ところで、自分の婚期が遅れていることを「私の結婚相手にふさわしい男性がいない!」と、嘆いていませんか? また、「今更条件を譲るのは、プライドが許せない!」などと、意地を張ってはいませんか?

道端さんのように、結婚相手に求める条件を変えたり条件のポイントを見直したりすると、出会いや結婚のチャンスが広がる理由をご紹介します。

■結婚相手に求める条件を見直してみることで得られるチャンスとは

結婚相手を選ぶ際に、収入や、外見などの外面的な条件をあまりに重視しすぎていませんか?外面的な条件を重視しすぎてしまうと、選択の幅が狭まってしまいます。新しい男性に出会ったとしても、無意識にその外面的条件に合っていないと、会話すら広げようとしなくなる可能性も……。

例えば、「顔は、絶対に自分好みのイケメンがいい!」と思っていると、それ以外の人は異性として意識しにくいため、恋愛に発展しづらくなります。

実は“それ以外の人”のほうが、実は男性としていざという時にとても頼れる存在で、引っ張っていってくれるなどの魅力を秘めているかもしれません。そうなると、勝手な条件によって、たくさんのチャンスを逃していることになります。

■結婚相手への条件をあえて決めすぎない

結婚がうまくいっている夫婦は、意外と「結婚した相手はタイプじゃなかったけど、一緒に居て落ち着く」などの精神的な安心から幸せを感じることが多いそう。もちろん、ある程度のタイプはあるにせよ、結婚相手への条件をあえて決めすぎずに、まずは出会いを大切にしてみてはいかがでしょう。

その人自身ときちんと向き合って話してみることによって、話しが合う、共通点がたくさんあるなど、相手の意外な部分が出てくることがあるため、意気投合して、お付き合いに発展することもあります。

まずは人として、会話を楽しむことで、その人をよく知れるだけでなく、男性の考え方などの気づきもたくさん出てくるはず。

■結局は自分の幸せを大切に

男性への条件が多い女性は、周りの目を気にしすぎる傾向があるようです。

無意識も含め、「ハイステータスな男性と結婚することで、周りに羨ましがられたい!」「○○ちゃんより幸せだと思われたい!」こんな感情があると、つい条件が厳しくなってしまい、「私に合う人は絶対こういう人じゃないとダメ!」と気づいたら、選択肢がなくなっている可能性があります。

もし、条件的に周りに羨ましがられる相手を選んだとしても、結局その相手は忙しすぎて相手にしてくれないなどの、自分自身の精神的な幸せとかけ離れていたら意味がありません。

外見や収入などの、外見的な条件だけではなく、その男性といることで得られる精神的な安心感や、楽しさなどの、内面的な条件に重点をうつした上で相手を選ぶことが、幸せになる秘訣ではないでしょうか。

条件を変え、幸せな結婚を手に入れた道端さん。きっと、重視する条件を内面的なものに変えたからこそ、本当の幸せを見出せたに違いありません。

婚期が遅れている人は、一度結婚について、本当の自分の幸せとは何か、見直してみるのもいいかもしれません。(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)

【参考】
道端アンジェリカ 年収5000万円の結婚条件変えた2つの転機