久しぶり
2018.3.28

文部科学省の調査によると、20~30代の女子の平均体重は50キロくらいだそうです。でも、彼氏に体重をごまかしている人が多いからか、おそらく多くの男子は、女子の体重は45キロくらいと思っているのかもしれなくて、50キロ超なんて事実を知っている男子はきっとすごく少ない。

45キロといえば、文科省がとっている平均では中学二年生くらいの体重らしいんですが、でも彼女から45キロと言われて、「君は中二か!」とツッコむ彼氏はもっと少ないでしょう。

さて、人から言われるまですっかり忘れていたのですが、来たる4月1日はエイプリルフールということで、今回は恋愛とウソに関する調査結果をもとにお届けしたいと思います。

■言えるウソと言えないウソ

ウエディングパークが、20代から30代の女性215人を対象に「夫婦/カップル間の秘密」に関する調査を実施いた結果、女性の7割以上が、パートナーに嘘をついたことがあると回答したそうです。どんなウソをついたのか?

<実は貯金が1000万円以上あること(笑)(20代後半)>

<過去に付き合った事のある人数が、申告している数の倍です(20代後半)>

<付き合う前、パートナーは真面目な感じがしていたので、タイプは【誠実で優しい人】と伝えていました。でも、本当のタイプは【クレイジーでファンキーな人】でした。本当のタイプではなかったけれど、結婚に至ったのは、パートナーの誠実さゆえだと思っています(30代前半)> などのエピソードが紹介されていました。

体重や経験人数に関してウソを言うというのは、非常にわかりやすいウソですが、言いたいことを言わない(言えない)、これもウソですよね。

心の中では今すぐ彼に会いたいと思っている、でもしつこく会いたいと言えば彼に嫌われそうで言わない(言えない)というのって、自分の気持ちにウソをついているわけだから、言わないこと自体がウソですよね。

■道徳や倫理観に縛られている人には絶対に見えてこないこと

道徳や倫理観に縛られている人には絶対に見えてこないことなんですが、ウソには、自分の心が淋しくなるウソと、心が豊かになるウソの2種類があります。

彼に体重を過少申告することで、たとえばダイエットのやる気が湧いてくるというのは、心が豊かになるウソです。反対に過少申告した事実があなたの心を苦しめるのであれば、それは淋しいウソであり、そういうウソをつき続けていると、やがて淋しい顔になって、あなたのまわりから人が離れていくでしょうね。

もっと一般化して言うなら、やりたくない仕事をやっている人っていますよね。たとえば、安定的に給料をもらえて食いっぱぐれないという動機だけで公務員になった人の中には、毎日とにかく淋しいと感じている人がいるらしいです。

ホントはなにか別の仕事をしたいという気持ちを押し殺して生きているから淋しいということで、こういう淋しさは自己啓発セミナーに行っても消えてくれないので、はやく転職しよう。

 

恋愛もこれとまったくおなじで、恋人にウソをつくこと自体が悪いことではなく、自分の心にウソをつくことが悪いことなんですよね。

年齢も体重も経験人数も、貯金の額も、ウソの申告をすることで自分の心が豊かになるのであれば、どんどんウソをつこう! 心に隙間風が吹き抜けるようなウソは今すぐ撤回しよう!

豊かな恋愛とか、豊かな人生を生きるって、たとえばこういうことのような気がします。つまり道徳や倫理観って、わたしたちの外側にあるものではなくて、わたしたちの内側にあるものだと思うんですよね。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)

※参考・引用 女性の7割以上が、パートナーに嘘をついたことがある!「実は、貯金が1000万円以上あります(笑)」~発表!「“嘘でもいいから“告白されてみたい」男性芸能人ランキング~(PRTIMES/株式会社ウエディングパーク)