スマホがあれば簡単に登録でき、恋人候補を探せるという手軽さで人気のマッチングアプリ。

最近では合コンより効率がいいという声も聞こえるくらい、出会いの場として普及してきました。

ですが、マッチングアプリで知り合い1度デートしたにもかかわらず次のデートに繋がらないという男女も多いよう。

今回はその理由に迫ってみました。

■デート1回で終わる人が多い!?

『株式会社マクロミル』が行った「恋活・婚活マッチングアプリの利用経験者1,000人調査」の結果を見てみると、恋活・婚活マッチングアプリであった人とどのような関係になったかの第1位は、「1度会ったきりで、連絡は取っていない」(42.0%)でした。

もちろん、「恋人関係になった」(30.6%)という人もたくさんいますが、デートに行ったのに、連絡がなくなるのは何故なのでしょうか?

実際にマッチングアプリで出会った人とデートに行った経験のある女性たちに話を聞いてみると、いくつかの共通点が見えてきました。

■1:プロフの写真が詐欺だった

「プロフの写真を観て一目惚れした男性に声をかけたんです。もちろん写真は盛られてる可能性も考えたので、私が撮ってほしい角度からの写真とかも何度かやり取りして。全部好み! って思ったから実際に会ってみることにしました。

ですが会ってみたらやっぱり詐欺と言うか……。本人は別に加工とかしてないんでしょうけど、写真と実際の顔が全然違うように見えて。期待した分ガッカリしちゃって、そのまま音信不通になっちゃいました」(26歳/経理)

SNSもアプリも写真に関しては信じすぎてはいけない部分があるのは確かでしょうね。ですが、逆に写真は好みでなかったのに、趣味が合うから会ってみたという人で、写真よりイケメンだったなんて体験談もあります。

■2:癖が許せなかった

「顔はあんまり気にしないタイプなので、趣味が合うこと優先で探してました。映画が好きっていうのが合っていたので、一緒に映画を観に行ったんです。

最初会った時には好印象だったんですけど、その人の笑い方が片方の口を引き上げる癖があったみたいで、どうしてもその顔が好きになれなくて……。だから帰り際に“また連絡するね”とは言ったものの、そのまま無視です」(Eさん/教育)

文字での会話では、どうしても見えてこない癖ってありますよね。食べ方が汚いとか、貧乏ゆすりをするなど、あなたにも許せない癖ってあるのではないでしょうか?

■3:服装がダサ過ぎた

「話はすごく楽しいし、優しくていつも私のことを気遣ってくれる男性だったので会うのを決めたんですけど。待ち合わせの場所について相手の服装を見た瞬間に“無理っ”ってなりましたね。

あまりにもダサくて横で一緒に歩くのが恥ずかしすぎたんです。だからデートもそうそうに切り上げてその場で謝ってなしにしてもらいました」(Gさん/総務)

服装などのセンスも実際に見てみないとわからない部分です。彼氏にしてから、自分の好みの服を着せるという手もあるでしょうが、一緒にいるのが恥ずかしいレベルはどうしようもないかもしれません……。

■おわりに

マッチングアプリでの出会いは増えているとは言え、最初の出会いがリアルでないというのは問題点も多そうですね。

ですが、リアルではなかなか接点のない人と出会えるのもアプリの魅力です。身近に良い人がいないと感じたら、一度使ってみてもいいかもしれませんよ。(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

【参考】

恋活・婚活マッチングアプリの利用経験者1,000人調査。利用の目的は?いくら課金した?“真剣な出会い”のマッチング成立状況とは…!?(マクロミル調べ)