アイプチ・アイメイク・デメリット

あなたは、一重や奥二重に悩んではいませんか?

「二重になったらモテるかも」なんて思うこともあるかも。

そんなとき活用したいのが「アイプチ」ですが、いいことばかりではなく、デメリットもあります。できれば失敗は避けたいところ。

そこで、アチーブが実施した「一重まぶたと恋愛に関する意識調査」を元に「アイプチ」のデメリットをランキング形式で発表しちゃいます。

アイプチ・アイメイク・デメリット

一度使ったことがある人なら「あるある」と納得するかも!?

日本人の一重まぶたと二重まぶたの割合

まず、下記アンケートの中で、全国10代~20代の女性1,065人に「あなたは一重まぶたですか?二重まぶたですか?」と質問したところ、「二重まぶた」と答えた人は54.4%と意外にも半数以上。

次に「一重まぶた」は33.0%、「左右で違う」と回答した人は12.6%という結果になりました。

それでは、一重まぶたで悩む人の味方「アイプチ」のデメリットを3位から見ていきましょう!

3位:水に弱いので夏場が大変(13.9%)

上記のアンケート中「一重まぶた」と回答した女性に、「アイプチを使ったことはありますか?」と質問したところ、「はい」と答えた人が66.1%と、7割近い結果に。

その中でデメリットを聞くと、3番目に多かった回答が「水に弱いので夏場が大変」(13.9%)でした。

夏場に「海やプールに入る」「汗を大量にかく場面」などがあると、アイプチが取れてしまうこともあり、二重どころか、不自然になってしまいます。

夏場は特に「海やプールに入るときは、アイプチしないと決める」もしくは「顔を絶対死守する」など、徹底すべき。

気になっている彼に、アイプチが取れたボロボロになってしまった目を見られてしまったら「終わった……」と凹む可能性大です。

2位:メイクの時間が長くなる(16.5%)

続いて、同アンケート内で2番目に多かった回答は「メイクの時間が長くなる」(16.5%)でした。

「アイプチが絶対バレたくない」という思いから、完璧にしようと、メイク時間が長くなってしまうのかもしれませんが、そればかりに気を取られて、服装や髪型とバランスが取れていなかったら、もったいないですよね。

アイプチに時間がかかりすぎる場合は、普段から時間があるときに、動画などを見て練習しておくことも必要でしょう。

1位:目を瞑るとバレてしまう(52.4%)

さて、いよいよ同アンケート内で1位になった回答は「目を瞑るとバレてしまう」(52.4%)でした。

アイプチがバレる・はがれる

こればかりはアイプチの性質上、仕方のないことかもしれませんね。

「アイシャドウで上手にごまかす」など、技術を磨いていくと、不自然さも少なくなるかも。

いかがでしたか?

自分の目にコンプレックスがあって、モテないという思い込みがあるなら、アイプチをうまく活用することもありですよね!

ただし、適当に使って大失敗しては意味がありません。使うなら徹底的に研究して、憧れのぱっちり二重になっちゃってください。

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)

【参考】

「一重まぶたと恋愛に関する意識調査」(株式会社アチーブ)