婚活・恋活でやってはダメ!話している時にされたら嫌なことランキング

婚活・恋活において、どうやって異性を振り向かせたらいいか、恋愛マニュアルなんかを取り入れて実践することもあるかもしれませんよね。

でも、それ以前に、人として当たり前のことをやっていないと、いくらマニュアルを実践しても、うまくいかないかも……。

まずは、相手を知るためにも「会話」が大事。「話を聞く」という基本的なことができていないと、会話すら成り立ちません。

そこで、パートナーエージェントが実施した「初対面の相手の外見」に関するアンケート調査を元に、「話している時にされたら嫌なことランキング」を発表いたします。

無意識のうちに自分もやっていないか注意して!

婚活・恋活でやってはダメ!話している時にされたら嫌なことランキング

3位:話をすり替える(43.8%)

上記の調査の中で、「恋活や婚活をしたことがある」と回答した20~49歳の独身男女765人に対して、「話している時にされたら嫌なことはありますか?」という質問をしたところ、3番目に多かった回答が、「話をすり替える」(43.8%)でした。

自分が話している最中に、話をすり替えられたら、調子が狂っちゃいますよね。

せっかく自分がしたい話をしていても、途中で切られて、さらにそこから違う話になってしまったら、何だかモヤモヤ。しかも、そこからまた話題を戻すのもなんだかな……。

結局、話をすり替えられた方は、「この人とは話したくない」「何だか居心地が悪い」という結論に至ってしまうことも。

中には気にしない人もいるかもしれませんが、婚活・恋活などで、会ってすぐの相手に対しては、まずはきちんと会話のキャッチボールを心がけましょう。

2位:うわの空(61.6%)

また、上記の調査の中で2番目に多かった回答が、「うわの空」(61.6%)でした。

もし、自分が話していて、相手がうわの空で聞いていたら、「ほんとに話を聞いているの?」と思うのは当たり前。興味ない話や、考えなければならないことがあったとしても、きちんと聞く態勢を取るべき。

集中して人の話に耳を傾けて!特に、人の話の内容を全然覚えていない人は、聞いているようで聞いていないため、自分では気づかぬうちに、いつも「うわの空」かもしれませんよ!?

1位:スマホを見ている(78.7%)

そして、最後に上記調査で1番になった回答は、「スマホを見ている」(78.8%)でした。

つい、連絡が来たらスマホが気になってしまうのは仕方がないですが、話の途中でずっと見ていては、相手にとっては不快になるのは当然!

もし、仕事のメールなどで本当に聞くのが無理なときは、「ちょっと今一瞬待って」など、一言言うだけで、相手も理解できるはず。それ以外は、なるべくスマホは見ないなど、2人の会話を楽しむべきです。

いかがでしたか?

婚活・恋活を長いこと頑張っているのに、「なかなか結果がでない」と悩んでいいる人は、以外と初歩的なことが原因でうまくいっていないかも。

まずは、「人の話をきちんと聞く」という当たり前のことができているか見直してみて。そこが原因だとしたら、あっという間にうまくいっちゃうかも!

(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)

【参考】

「初対面の相手の外見」に関するアンケート(パートナーエージェント)