元彼や、好きな男性の車に乗った瞬間に、「この車ヤダ!」「ちょっと冷めるかも……」と思ってしまった経験はありませんか?

でも、好きな人に対して、そんなこと直接は伝えづらいですよね…。

車に乗る前に、好きな人の車について聞いておくと、ちょっとは心構えができるのかも!?

合同会社ラビッツが実施した「男性の車に関するアンケート」を元に、「嫌だと思う車についてのランキング」を第3位から発表いたします。

第3位:「後部座席が汚い」(荷物が散乱)(39人)

上記の調査の中で、女性限定で全国の女性295名に対して、「嫌だと思う車はどれですか?(助手席に乗る側としてお答えください)」と聞いたところ、第3位になった回答が、「後部座席が汚い」(荷物が散乱)(39人)でした。

デートで、迎えに来てくれるシチュエーションってワクワクしますよね。颯爽と助手席に乗って、後ろに荷物を置こうとした瞬間、「後部座席がぐちゃぐちゃ!」そんな状況を見たら、興ざめしちゃうかもしれません。

もし、見た目はピカピカの新車、または高級車だったら、ギャップで尚更「この人、大丈夫かな」と性格まで疑ってしまうかもしれませんね。

第2位:「芳香剤がキツイ」(68人)

次に、上記の調査で、2番目に多かった回答が、「芳香剤がキツイ」(68人)でした。芳香剤のツンとする香りって、自分が嫌いな香りだと、なおさら車酔いしてしまいそうになりがち。

本人は、よかれと思ってデート前にわざわざ仕込んでいるかもしれませんが…。

「この匂いダメかも…」とすぐ言えたらいいのかもしれませんが、中々難しいですよね。

もし、本当に匂いに敏感な人は、車で迎えにきてもらうデートの前から、自分の好きな芳香剤を「これ車に置いて欲しいな」と、事前にプレゼントしておくのもありかもしれません。

第1位:「改造車」(140人)

そして最後に、第1位になった回答は、「改造車」(140人)でした。

車高を低くしている車で来られたら、乗り降りがしづらいし、音がうるさいと目立ってしまうし、思わず、「恥ずかしくて乗りたくない…」とまで思ってしまうかもしれませんね。

前もって、車について強いこだわりがあるのかを、会話の流れから聞いてみてもいいかもしれません。

もし、前のめりに、「俺、車にはうるさいんだよね」とか、「最近良い感じに改造してさ」なんて話し出したら、アウトかも。

それでもその人が好きなら、「私、シンプルな車が好きなの」と、アピールしてみるのもいいかもしれません。

「好きな子のためなら好きな車も変えるか」という男らしい男性もいるかもしれないので、すぐ諦めるのはもったいないですよ!

如何でしたか?

「車だけで愛が冷めちゃう」なんて残念ですが、車へのこだわり、または逆に無頓着さが、意外と性格に直結していることもあるかもしれませんよね。

たかが「車」かもしれませんが、些細なことが今後2人の関係に響くことも。

彼の趣味やこだわりを理解しつつ、意見を言うことも大事かも。

車で迎えに来てもらうデートの前に、一度は車の話しをしてみては!?

【参考】合同会社ラビッツ(男性の車に関するアンケート)

(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)