あなたも1度くらいは「玉の輿に乗ってみたい!」と思ったことはありませんか?

でも、実際どうやって玉の輿に乗ったらいいかわからないですよね。

漫画のように、白馬に乗った王子様が突然迎えに来るわけがないし……。

そこで今回は、株式会社豆腐の盛田屋が実施した「リアル玉の輿に関するアンケート」を元に、「実際に玉の輿になった人の出会いの場」を、第3位から紹介しちゃいます!

ハードルが高いと思っていた玉の輿も、意外と身近に感じられるかも!?

リアル玉の輿になった人の出会いの場

第3位:「学校(学生時代)」(14.6%)

上記の調査の中で、実際に玉の輿に乗った、30代から50代の既婚女性1027人を対象に、「夫との出会いの場を教えてください」と質問したところ、3番目に多かった回答が、「学校(学生時代)」(14.6%)でした。

学生時代からのお付き合いで結婚なんて「純愛」なイメージ。さらに玉の輿なんて、周りからしたら羨ましい限りですよね。

たまたま、学生時代にお付き合いしていた人が、結婚して稼げるようになったパターンもありますし、元から「お金持ちの子」だった場合もあります。

「あー学生時代に付き合ってた〇〇くんと結婚していれば、今頃私も……」なーんて後悔もあるかもしれませんね。

今からでも、学生時代の未婚の男友達を当たってみるのも遅くないかも!?

第2位:「職場」(30.5%)

次に、同調査の中で、2番目に多かった回答が「職場」(30.5%)でした。

職場だと、お金持ちの上司を狙えば玉の輿の道は早いかもしれませんが、上司だと既婚者も多い可能性がありますよね。

今の稼ぎは普通くらいでも、今後出世しそうな周りの男子や、後輩に目をつけておくものありかも。

将来、稼いでもらえるように、今のうちに色んなサポートをしておくと、玉の輿への夢も遠くはないかもしれませんよ。

ただし、そんな出世街道まっしぐらな男子は競争率も高いため、あっと言う間に周りに取られちゃうかも!もたもたしている暇はないかもしれませんよ。

第1位:「友人の紹介」(31.4%)

そして最後に、同調査内で1位になった回答が、「友人の紹介」(31.4%)でした。玉の輿にのった人は、意外と身近なところで出会っているようですね。

「紹介で出会うのは面倒」なーんて思っていたら、玉の輿のチャンスを逃してしまうかも。

ただし、あからさまに「お金持ちを紹介して!」と言うと、友達も引いてしまうかもしれないので、「仕事を頑張っている人が好き」とか、「将来の目標がはっきりしている人がいいな」など、なるべく玉の輿に近づくようなお願いの仕方をして、うまく紹介してもらうのもいいかもしれませんね。

こればかりは、言ったもの勝ちですよ!

いかがでしたか?

「周りにお金持ちなんていないし」「私は玉の輿とは程遠い」なんて思わず、どこでどう繋がるかわからないので、希望を捨てずに色んな場所で出会いを探してみてください。

そんな中、「玉の輿なんてどうでもいい!」と思えるくらい大好きな人に出会えたら最高ですよね。

今は違っても、あとで出世することにもこっそり期待して……。(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)

【参考】株式会社豆腐の盛田屋(リアル玉の輿に関するアンケート)