遠距離恋愛って大変だし、わざわざしたいとは思わないですよね。

でも、突然の転勤や、夢のために離れ離れになってしまったら、必然的に遠距離になってしまうことも……。

そんな時、「遠距離は無理だから別れる!」と早まる前に、遠距離恋愛のメリットを知ってから、どうするか考えてみませんか?

そこで、ネクストレベルが実施したアンケートを元に、「遠距離恋愛のメリット」を知って、遠距離恋愛が続く方法を考えてみましょう。

3位:「自分の時間も確保できる」(43.2%)

上記の調査の中で、「遠距離恋愛」を経験したことがある18歳から40歳の男女199人に、どんなメリットがあるかを聞いてみたところ、3番目に多かった回答が、「自分の時間も確保できる」(43.2%)でした。

いつでも会える距離だと、つい会いたくなって毎日会っちゃうカップルも多いですよね。ラブラブなのはいいことかもしれませんが、「たまには自分の時間も欲しいなぁ」と、どちらかが思ってしまうこともあるかも。

それに比べて遠距離恋愛は、1人の時間や友達との時間も確保できるため、「ずっと一緒に居すぎて疲れる」ということはなさそう。

会いたいけど会えないのは切ないですが、その分、お互いの気持ちが高まることも遠距離の醍醐味かもしれませんね。

2位:「旅行気分で会いにいける」(43.2%)

続いて、同じく3位と同じ割合で多かった回答が、「旅行気分で会いにいける」(43.2%)でした。

海外と日本で遠距離など、距離が遠ければ遠いほど寂しいかもしれませんが、あまりその場所に行けない分、旅行気分にしてしまえば、彼氏にも会えるし、そこの場所も楽しめて一石二鳥に!

しかも、相手は現地のことに詳しくなっているはずなので、ガイドいらずで、地元の人しか知らない穴場などに連れて行ってもらえるので、むしろ得かもしれません。

1位:「会ったときにとても楽しい」(68.3%)

最後に、1位になった回答が、「会ったときにとても楽しい」(68.3%)でした。

距離がある分中々会えないと、会ったときの嬉しさは増しますよね。

付き合いが長くなると特に、「いつでも会えるからいいや」と、ダラダラした関係になるカップルもいます。

遠距離なら、「会えるまでの時間、仕事を頑張ろう」とか、「会うときのために自分磨きを頑張ろう」と努力して、お互い新鮮な気持ちが長続きすることもメリットかもしれませんね。

遠距離が継続すると、結婚にも近づくことも!

遠距離恋愛が長続きすると、お互い信頼関係も生まれます。

例えば相手が、「転勤で戻るときには結婚しよう」とか、「遠距離はもう辛いから、結婚してこっちで一緒に住まない?」なんて、チャンスも多くなるかも。

寂しいかもしれませんが、遠距離でもすぐに諦めないで。

ただし、「連絡をマメに取る」、「次、会う日を決めておく」など努力をしなければ、離れている分だけ普通のカップルよりも別れやすいので注意が必要。

遠距離恋愛のデメリットばかり考えず、メリットを考えることで、幸せな将来が待っているかもしれませんよ。

(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)

【参考】

株式会社ネクストレベル:遠距離恋愛で結婚した男女58人に「長続きさせる秘訣」をアンケート調査