default image

心理に関するコラム

【心理テスト】スマホケースでわかる!惚れてしまう異性のタイプ

こんなヤツ全然好きじゃない!と思っていても、いつの間にか好きになってしまうのが恋というもの。 初めは好きじゃないのに、あなたがいつの間にか恋に落ちてしまう男子って、どのようなタイプなのでしょう。 そこで今回は、「あなたがつい惚れてしまう異性[…]

つまらないのかな?一緒にいても「無口な男性」の心理

会話をしていても、自分ばかりが話していて男性が無口になっていたら、「つまらないのかな?」と不安になるでしょう。 でも、おとなしくなってしまうのには様々な理由があるので、悪い方向にばかりは考えないほうがいいかもしれません。 そこで今回は、一緒[…]

恋愛対象ではない?「人として好き」と言ってくる男性の心理

「人として好きだよ」と言われても、それはどういった種類の「好き」であるのか、いまいちわかりにくいもの。 男性が内心ではどんなことを思いながら言っているのか、その言葉の裏側を知りたいですよね。 そこで今回は、「人として好き」と言ってくる男性の[…]

バレずにできる!彼の結婚願望がわかる心理テクニック

結婚した男女を見ると、5年以上付き合ってゴールインしたカップルもいれば、1年足らずで踏み切ったスピード婚カップルもいて、それぞれ考え方がまったく違うことに驚かされます。 でも共通するのは、主に男性側が結婚に積極的になれたか、という点。 彼が[…]

彼に結婚を意識してもらう心理テクニック4つ

女子は結婚に憧れを抱きやすい反面、男子はいつまでも自由でありたい気持ちが強いため、「いざ結婚!」といなると腰が引けてしまうことが多々あります。 結婚には責任が伴うため、慎重になるのはわかるのですが、いつまでもダラダラと交際を続けられるのも困[…]

すぐ実践できる!男性が「尽くしたくなる」恋の心理テクニック

恋をするといつも自分が尽くす側になってしまう… そんな尽くし型女子に朗報です! なんと、男性を自分自身に尽くさせるためのテクニックがあるのです。 必要なのは、度胸と行動力のみ。 別人に生まれ変わった気持ちでトライしてみてはいかがでしょう。 […]

憧れの「胸キュンシチュエーション」トップ3を発表!

恋愛系のドラマや漫画でよくある、”キュンキュン”する場面。「実際に、こんなことされたいなー」なんて妄想しちゃうことはありませんか? 乙女な女子なら、一度は経験したいと思うはず。 そこで、花王が行った、ニオイに関する調査発表を元に「異性からさ[…]

人間は飽きるものだけど…ずっと好きを持続させる方法

人間は慣れてくると飽きる生き物です。みなさんも経験があると思いますが、嫌なところがあると、なにもしなくても自然とそればかり目につくものです。 彼とずっと一緒に居たいなら、自然と見える「嫌なところ」に負けないくらい、「好きなところ」を探し続け[…]
自分を好きになる方法

「愛される女性」になる!自分をもっと好きになる方法

誰かに好きになってもらいたいなら、まずは自分を好きになることから。 あなたは、いまの自分に自信がもてますか?「はい!」と言える方は、そう多くないと思います。 もっともっと素敵なあなたになるために、そして、あなた自身を好きになるために。精神科[…]

デートで彼をムラムラさせる心理テクニック

彼と何度かデートを重ねて親しくなったはずなのに、なかなかそこからもう一歩の関係になるのは難しいもの。 “草食系男子”というフレーズが一般的になってから久しいですが、たとえ好きでも自分から手を出す男子は減ってきている傾向が。 そんなときは、相[…]

年下男子にモテまくる秘密の心理テクニック

年下男子って、年上女子からすると何となくフォローしてあげたくなったり、ちょっぴりイジメたくなってしまうこともある“気になる存在”ですよね。 そんな年下君からモテるとすれば、女として嫌な気はしないもの。ときには年下男子を翻弄してみてはいかがで[…]
気になる色

気になる色でわかる!今あなたに足りない「セクシー要素」

男性と同じ空間にいて「足りない……何かこう、艶っぽいカンジの何かが自分にない!」と感じたことはありませんか? 気になる色は、あなたの心を映しているのです。 あなたに今足りないセクシーな要素は何なのかを「赤・黄・緑・青・紫・黒・白」7つの色か[…]
男性の落とし方

深層心理を利用せよ!精神科医が教える男性の落とし方

恋愛は思い通りにいかないもの。カウンセラーや精神科医は、モテると思われがちですが、本気で口説いた相手に振られるなんてこともよくあります。 しかし、恋愛だって結局、心の問題。「深層心理に訴えかければ、落とせる確率は確実に上がる」これは事実です[…]

【婚活】気付けば不倫ばかり…「既婚男性が素敵に見える」理由3選

不倫は誰も幸せになれない、自分も虚しくなるだけ…。わかってはいるけれど、なぜか既婚男性ばかりを好きになってしまう。そんな女性は意外と多いようです。 では、なぜ不倫の恋ばかりを選んでしまうのでしょうか? 今回は、“既婚男性が素敵に[…]

付き合った後に女性が変わったと思う男性の心理4パターン

男性の愚痴や嘆きとして、付き合い始めたら彼女が変わったというのはよく聞く話ですよね。 お互いさまな気もしますが、男性の心理的にはどのように変わったと思うのでしょうか?いくつかをまとめてみました。 ■仕草や喋り方が変わった 好きな人といると、[…]

「モデルが好きな男性に注意?」好きな芸能人別! 好みの女性診断

好きな芸能人の話……。男女問わず、飲み会の席などで、よくかわされる質問ですよね。 今回はそんな定番の質問で、その男性がどのようなタイプの人間なのか、分析する方法をまとめました。 モデル好きという男性には、ちょっと気をつけておいたほうがいいか[…]

何色の下着を選ぶ?あなたの“なりたい姿”がわかる心理テスト

人間誰でも自分なりの理想像を持っています。そして、そこに向けて自分なりに努力するものですよね。 でも、たまにそれが分からなくなってしまうこともあると思います。その理想像を今一度チェックしてみてはいかがでしょう。 そこで今回は、下着の色から「[…]

あざといから嫌い?ぶりっ子女子に対する男子のホンネ

男子の前でぶりっ子する女子のことを、最近では「あざとい女子」と呼ぶそうですが、でもぶりっ子は「現象」で、あざといはその「解釈」で……と書くのは、死語的な「ぶりっ子」をどう言い換えるべきか迷っているからなんですが、 これといった言葉が流行って[…]
サイン

デートの別れ際の言葉に隠れる脈ありサインとは

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。 今回は「脈があるかないかのサイン」ということで、2人での初めてのデート中、男性からの別れ際の言葉のサインについて話しましょう。 実はそこに、脈があるかないかが隠されています。 これを知れば、も[…]
お財布と女性

彼氏に振られた?お財布の使い方から紐解くあなたの恋愛傾向とは

最近彼氏からフラれてしまったという人はいませんか? 「自分のどんな部分がダメだったのか」なんてお酒を飲みながら、考えることもあるでしょう。健康的ではありませんが、気持ちは分かります。 夜が明けてきても、原因が分からないなんてこともあるかもし[…]
恋

「私、恋してるの?」と迷った時に確認したいこと4つ

彼氏がいたのは数年前で、それ以降好きな人がいないとか、仕事や趣味に忙しくしていて恋が後回しになっている、などといった人は、 「恋愛に対する感覚が鈍る」可能性があります。 それでなくても、人間は年を重ねるにしたがい、いわゆる「恋のトキメキ」に[…]
問題のある男子

あなたが「問題のある男子を好きになってしまう」ワケ

「わたしはいつも問題のある男子のことを好きになってしまいます。 クールなイケメンだと思ってつきあったら、愛想とデリカシーのない男だったり、エッチが好きすぎる男だったり、ギャンブル癖のある男だったり浮気性の男だったり……。 なぜわたしは問題の[…]
失恋女子

いきなりフラレる女性の共通点とは?

あんなに仲が良かったと思っていたのに、いきなり彼から別れを告げられてしまった…。 なんの前兆も無く急に振られてしまっては原因もわからず、悲しみだけが残ります。 しかし、あなたが振られた理由はあなた自身が気づいてないところにあるかもしれません[…]

男心を知れば恋愛も上手くいく!男性心理を学ぶ方法3つ

男心を学ぶ方法をマスター 「男心を知りたい」というのは多くの女性の願いであると思います。 プライドが高かったり繊細だったりと男心はやはり女性には理解しづらいものです。 今回はそんな男心を知るために男性心理を学ぶ方法をお伝えします。 男心を知[…]
好き

「好き」って一体なんだっけ?恋愛感情かどうかを判断する基準3つ

長く恋愛から離れていると「好き」という感情がどんなものだったか忘れてしまうこともありますよね。 相手の事を「良いな」と思っても、それが友達としてなのか、それとも恋愛感情としての好きなのかの判断がつかない人もなかなか多いのではないでしょうか。[…]
ホンネ

「特に理由はないけど結婚できない」と言う彼のホンネ

今回は、「特に理由はないけど結婚できない」と言う彼のホンネに迫ります。 さっそく見ていきましょう! 1:彼女のイヤな性格を言い出せない たとえばお金が嫌いな人はほぼいないと思いますが、お金が好きな女子は多いでしょう。 あからさまにお金が好き[…]
女心

男性が女心をどうやっても理解できない理由

彼氏が、自分が本当に言いたいことを汲んでくれなかったり、望んでいない優しさを示してリアクションに困ったり……と、じれったくなることがあります。 特に、はっきりと言葉に出して言いたくない意志や気持ちを理解してくれないときは、 「私のこと、ほん[…]
理解

男性が女心を理解できない理由とその対処法

笑っていたと思ったら、急に怒り出したり、少し前に言っていたことと全く違うことを言い出したりする女性に男性は戸惑うこともしばしば。 「女は感情で生きている」なんて言われるほど、女性は感情や気持ちを優先することが多々あります。 世の男性が理解に[…]

なぜ男は昔の話をすると不機嫌になるのか?

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。 男性とごく些細な言い争いの時に、 「そういえば、あの時もあんなことされて嫌だった」 「過去の話を蒸し返されてしつこい!」 大ケンカに発展してしまった。そんな経験はないでしょうか? なぜ、男性[…]

彼はどんなハグが好き?ハグの仕方と深層心理

彼とはいつもどんなハグをしていますか? 彼が好きだという特定のハグがあったり、いつも決まったハグの仕方をしているといった場合は彼の深層心理の現れかもしれません。今回はハグの仕方からみる深層心理を紹介します。 1:背中越しのハグ 背中越しのハ[…]

妬かせて恋へ発展!心理戦で草食系男性の気持ちを操る方法3つ

気になる男性と、なかなか次のステップに進めないときってありますよね。ときには、友達以上恋人未満の関係で結局終わってしまうことも……。 そこで今回は、受け身が大前提! いまどき草食系男子代表(自称)の筆者が、「他の男性の存在で気持ちを操る方法[…]
嫉妬

嫉妬心をコントロールする3つの方法

『大好きな彼だからこそ、ヤキモチを妬いてしまう』そんな女性は少なくありません。 彼があなたを大好きなときの“可愛いヤキモチ”ならともかく、重く苦しい嫉妬をそのまま伝えてしまうのは危険です。彼の気持ちが醒めてしまうなんてことも。 そこで今回は[…]

最近なんだか冷たい…。彼が態度から読み取れる心理とは?

いつもは優しい彼が、最近なんだか冷たくて心配…。でも、単刀直入に理由を聞くのは、なんだか怖いし…。そんな時、どのように彼の冷たい態度を察すれば良いのでしょうか。いくつか検証してみました。
本心

彼の本心が知りたい時にやってしまう自爆ポイント3つ

好きな人を「好き!」と意識すると恋心がぐんぐん高まって、抑えきれなくなるものです。 でも、気持ちは高まるものの、まだ片想い状態であれば、冷静さを失って視野が狭くなりがち。 しなくてもいい行動を取ったり、言わなくてもいいひとことを言って自滅し[…]
気持ち

気になる彼はどう思ってる?あなたへの気持ちを確かめるテクニック

好きな人の気持ちがすぐに分かったら、誰も恋に悩んだり、苦労したりはしませんよね。 熟年夫婦ですら、言葉にしなければ伝わらないものがあるのですから、片想い状態や付き合って間もない関係では、相手の気持ちが分からず、戸惑うことも多いはず。 まずは[…]

彼の女友達を見ればわかる!彼の恋愛傾向

私と付き合う前から彼を知っている、彼の女友達。この人たちって、どうも厄介。いい子ならいいのですが、妙に彼になれなれしかったりして、はっきり言ってウザい存在ですね。でも、そんなウザい子でも彼は友情を感じているのだから、本当に迷惑というかイラっ[…]
男性心理

男性心理が丸分かり!男性にありがちな3つの共通点

男性心理を完全に理解することはできません。 他人の気持ちを100%分かる人間はいないからです。 一方で、ある程度の傾向や顕著な特徴は理解することが可能です。 今回は世の中の男性の多くが持っている3つの共通点をお伝えします。
イライラ

意識するともっとうまくいく!女性が彼にイライラする理由とその対策

何度いってもわかってもらえない。 いつも私よりも他の事を優先する。全く気が利かない! など付き合っててもイラっとしてしまう事は多々ありますが、付き合ってる時こそ立ち止まって考えることが必要な時があります。 どんなにイラッとしても立ち止まる事[…]
脈あり

これって脈アリ?カレのサインを見極める3つのコツ

仲はいいような気もするけども…これって、脈アリなのかな? ただ優しいだけ?カレは私のこと、どう思ってるのかな?と、男の子の脈アリサインがわからずに悩んでいませんか? もしかしたらカレは、アナタに脈アリサインを出し続けているかもしれませんよ?[…]
避け

「好き避け」と「本気避け」の微妙な違いを見極める方法

好きなクラスメイトにわざと意地悪したり、乱暴な言葉づかいで話しかけてみたり……小学生の頃、そんな男子がいたように思います。 年齢を重ねて大人になり、度胸がついたり、恋愛経験を積んだりすれば、 自分の恋心を上手に演出できるようになるんでしょう[…]