皆さんは、パートナーの浮気を疑った経験はありますか?
今回は「浮気の証拠集め」にまつわる物語とその感想を紹介します。
※この物語はフィクションです。
イラスト:蒼本皓生

夫の浮気の証拠集め

主人公は夫と2人で暮らしています。
帰りが遅く、帰宅したときに甘い香りがする夫に違和感を抱いていた主人公。

浮気を疑った主人公は証拠集めをしようとしますが、なかなかうまくいきません。
そんなある日、ゴミ捨てに行くと男性に声をかけられました。

話を聞くと、男性は夫の浮気相手の旦那のようで…。
手を組むことにした主人公たちは、証拠集めを開始。

そして浮気相手の旦那の提案で、主人公は夫のカバンにGPSを仕込んだのですが、なぜか作動しません。
「なんで!気づかれた!?」と焦っていると、夫が帰宅して…。

カバンに違和感


出典:愛カツ
夫のカバンを確認すると、なぜか濡れています。
「同僚が酒をこぼした」と言う夫に、主人公はさらに不信感が募るのでした。

読者の感想

証拠集めに困っているなか、協力者が現れてくれてよかったです。
仕込んだGPSが作動しなかったら、バレたかもしれないと焦ってしまいますね。
(30代/女性)

帰りが遅いうえに夫から甘い香りがしたら、不信感が募る一方だと思います。
思うように浮気の証拠集めができず、歯がゆさを感じてしまいますね…。
(20代/女性)

※実際に募集した感想をもとに記事化しています。



(愛カツ編集部)