皆さんは、困っている人を助けたことはありますか?
今回は「人助けより野球を優先する監督」を紹介します。
※この物語はフィクションです。


イラスト:進撃のミカ

最後の大会へ

野球部員の主人公。
そんな主人公は監督が変わって以降、不遇な扱いを受けていました。

一度監督に意見しただけで、レギュラーをおろされてしまったのです。
主人公はそれでも腐らず、ベンチから仲間を応援することに。

そんなある日、主人公は高校最後の大会に向かおうとしていましたが…。

倒れている女性を発見


出典:進撃のミカ

路地裏で倒れている女性を発見した主人公。
女性がつわりに苦しんでいることがわかった主人公は「すぐに救急車呼びますから!」と声をかけます。

そして病院に付き添い、女性の無事を確認してから大会へ向かいました。
主人公は会場に着くと、すぐに遅刻の理由を説明したのですが…。

監督は主人公を罵倒するばかりで話を信じず、ベンチにも入れてくれませんでした。
後日、学校で野球部の成績発表が行われたときのこと。

そこに野球連盟の役員と、主人公が助けた女性がやってきたのです。
役員の娘だという女性は、壇上で主人公に感謝の気持ちを伝えてくれました。

そして役員は、そんな主人公を不当に扱った監督を叱りつけたのです。
横暴なふるまいをした監督は野球界から追放され、途方に暮れるのでした。

恩返しに感謝

主人公への恩返しのため、学校まで来てくれた女性。
監督にも制裁がくわえられ、スカッとした主人公のエピソードでした。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。
(愛カツ編集部)