老人介護施設で…「私はもうダメなのね…」100歳を超える女性が”弱気”な発言。→直後、新人職員の【まさかの返答】に衝撃…

皆さんは、新人に驚いた経験はありますか?
今回は「言葉遣いが悪い新人職員」にまつわる物語とその感想を紹介します。

イラスト:エトラちゃんは見た!

老人介護施設で起こった出来事

主人公は老人介護施設で働いています。
そこに入ってきた新人職員の言葉遣いにヒヤヒヤさせられる毎日。

将棋の相手を頼んできた老人に対し「知らないっス」などと返答するのです。

言葉遣いが悪い新人職員


出典:エトラちゃんは見た!

そんな老人介護施設には100歳を超えても元気な女性がいました。
しかし病気をきっかけに体力が落ち「私はもうダメなんだわ…」と女性が落ち込み始めます。

女性の姿を見た新人職員が「え、100歳を超えてるんだから当たり前じゃないですか?」と言い放ったのです。
新人職員の言い方に驚き「ちょっと!?」と声をかける主人公でしたが…。

その直後「104歳まで健康だったとかマジで尊敬します」と言って、新人職員は女性の手を握りました。
女性は「面白いこというね」と大笑いし以前のような明るさを取り戻したのでした。

読者の感想

若い人の言葉遣いはどうしても気になってしまいますし、特に老人に対しては丁寧に接してほしいですよね。
この新人職員の話し方も気になりますが、老人に気に入ってもらえたのは性格がいいからかもしれないと思いました。
(30代/女性)

100歳越えの女性に対して、新人職員の一言目にはヒヤッとしましたが…まさかの切り返しで思わずほっこりしました。
ステキな心をもっている人なんだなと感じました。
(40代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。
※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。



(愛カツ編集部)