皆さんは、価格の行動に驚いた経験はありますか?
今回は毎年果物を頼む常連客のエピソードとその感想を紹介します。
イラスト:おむ

常連客が来店

八百屋で働いている主人公。
いつものように接客をしていると、常連客が「今日も買い物に来たわよ〜」と来店してくれました。

その常連客は毎年縁起担ぎのために、大量の果物を購入していきます。
この日も果物をお願いされたのですが…。

価格の高騰を説明


出典:愛カツ
主人公は「いつもは10キロ1万2千円なんですけど…」と申し訳なさそうに伝えた主人公。
この年は収穫量が低かったため「いつもより値段が上がる予定なんです」と説明しました。

すると常連客は「そういうことなら」と笑顔で、半分の量の5キログラムを注文してくれました。
そして「2週間後にまた来るわね」と言い笑顔で帰っていった常連客。

値段が上がることを伝えるのを心苦しく思っていた主人公は、受注の控えも渡し一安心したのでした。

読者の感想

毎年買っている果物の価格が高騰したらショックですが、仕方ないですよね。
文句も言わずに笑顔で購入してくれ、常連客がいい人でよかったと思いました。
半分の量にしたのはナイスアイディアですね。
(20代/女性)

ひいきにしてくれている常連客に値上げを伝えるのは勇気がいったと思います。
常連客が笑顔で納得してくれて、よかったですね。
(40代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。



(愛カツ編集部)