皆さんは、友人の行動に驚いた経験はありますか?
今回は「友人に渡された1つの箱」にまつわる物語とその感想を紹介します。


イラスト:エトラちゃんは見た!

預けられた箱

主人公の家に、学生時代の親友が訪ねてきたときのこと。
親友は「預かってほしいものがあって」と、主人公に1つの箱を渡してきました。

年内には箱を取りにきて、中身を教えてくれると言っていた親友。
主人公は親友の言葉を信じて、待っていましたが…。

親友はこなかった


出典:エトラちゃんは見た!
結局、年が明けても親友は箱を取りにきませんでした。
それどころか、親友とは連絡もつかなくなってしまったのです。

主人公は箱の中身が心配になり、開けて確認すると…なんと中から札束が出てきます。
その額なんと1000万円ほど。主人公は予想外の中身に「は…?」と驚愕し、真っ青になるのでした。

読者の感想

箱を取りにくると言っていたはずの親友がこないうえ、連絡もつかないなんて心配になりますよね。
さらに箱の中身が札束だったなんて…まさかの展開に驚きました。
(40代/女性)

突然来た友人に箱を預かってほしいと言われたら、自分なら断ってしまうかもしれません…。
札束の箱を預けて連絡がつかなくなってしまった友人が心配です。
(20代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。
※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。



(愛カツ編集部)